11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

レポート:企業は6か月の純利益が改善したと見ています

多くの主要な日本企業は、9月上半期に高い純利益を計上しました。 これは、コロナウイルスワクチンのリリースが進んでおり、世界中の経済活動の合理化に役立っているためです。

SMBC日興証券は、東京証券取引所の第1セグメントに上場している1,453社が11月15日以前に発表した中間決算を調査しました。

調査によると、4月から9月の期間に72%以上(1,052社)が昨年の同じ四半期から基盤を改善しました。 彼らの事業年度は3月に終了します。

さらに、434社が通年の純利益率を3月に修正しました。
これは、下方修正された企業の数の2.5倍です。

通年の全企業の純利益の合計は、コロナウイルス感染前に見られたものよりも高くなっています。 これは、2005年3月に終了した会計年度の比較可能なデータ以来の最大の金額です。

SMBC日興証券のエクイティストラテジスト安田ひかる氏によると、メーカー向けスペアパーツのサプライチェーンの混乱は徐々に緩和されると予想されています。

しかし彼は、陸上および航空セクターのビジネス環境は、通常に戻るまでにはまだ長い道のりがあると述べています。

READ  火山の噴火が海を持ち上げた後、米国によって沈められた日本の第二次世界大戦の船が噴火しました