6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

レーバーデーの祝日、FRBの決定

レーバーデーの祝日、FRBの決定

1時間前

マイクロソフトがタイ初の地域データセンターを開設

テクノロジー大手マイクロソフトが発表 初の地域データセンターを開設する タイで。

同社は、タイに新しいクラウドとAIインフラを構築し、10万人以上にAIスキルの機会を提供すると発表した。

Microsoft のデータセンター地域では、ハイパースケール クラウド サービスの可用性が拡大され、「エンタープライズ グレードの信頼性、パフォーマンス、およびデータ常駐およびプライバシー標準への準拠が促進されます」。

– イム・ヒジー

2時間前

三井物産の通期利益は6%減、12億6,000万ドルの評価損が発表され株価は上昇

日本の商社三井物産が報告した。 6.4%減益 3月31日終了の2023会計年度には1兆800億円(68億4000万ドル)に達する。

税引き前利益は同6.7%減の1兆3000億円、売上高は6.9%減の13兆3200億円となった。

業績が悪かったにもかかわらず、同社の株価は1.23%上昇した 2000億円規模の自社株買いを発表 5月2日から9月20日まで。

三井物産は4000万株、7月1日の分割後は8000万株を取得する。

4時間前

在庫増加と停戦期待のなか、原油ペースは3日連続の損失となる

中東での停戦合意への期待から米国の在庫が増加し、原油価格は3日連続で下落した。

ブレント原油は0.88%下落して1バレルあたり85.57ドルとなり、米国ウェスト・テキサス・インターミディエイト原油は1.03%下落して1バレルあたり81.09ドルとなった。

火曜日の米国石油協会の数字を引用した市場関係者によると、ロイター通信は、先週米国の原油在庫が490万6000バレル増加したと報じた。

– イム・ヒジー

6時間前

短期金融市場データは円高介入の可能性を示唆:ロイター

月曜日の突然の円高は日本当局の介入に起因する可能性があるとロイター通信が日銀の短期金融市場データを引用して報じた。

マネーマーケットデータ 中銀が水曜日に発表した短期金融市場の状況予測では、7兆5,600億円(479億1,000万ドル)の純流入が示された。

ロイター通信は、為替取引が決着するまでに2日かかると予想しており、介入を除く短期金融業者の予想は20億5000万─23億円としている。

月曜日、円は対ドルで34年ぶりの安値まで下落し、160.03円に達した後、時間外には約155円まで円高となった。

6時間前

4月の韓国の輸出は予想を上回り大幅に増加した

韓国は輸出を13.8%増加させた 同国の税関当局の暫定推計によると、3月の3.1%上昇に比べ、4月は大幅な増加となった。

この増加はロイター調査でエコノミスト予想の13.7%増加を上回った。

韓国への輸入は5.4%増加し、予想の6.2%増加を上回り、3月の12.3%減少から反転した。

このため、同国の貿易収支は3月の42億9000万ドルから15億3000万ドルに減少した。

– イム・ヒジー

7時間前

CNBC Pro: シティ、バイオテクノロジー株 3 銘柄に 29 億ドルのオファーを提示 – そのうちの 1 銘柄には約 50% の上昇余地がある

一部の人によると、バイオテクノロジー株の見通しは明るくなり始めているという。

市場では現在、最初の利下げがこれまで考えられていた6月や7月ではなく9月になると予想されており、バイオテクノロジー株は好調に推移し始めるだろう。

バイオテクノロジーはさまざまな分野をカバーしていますが、シティは 29 億ドルの市場を特定しており、その市場はさらに成長する見込みであると同社は述べています。 シティによれば、同社の市場は今後 5 年間で 1 桁半ばの成長を遂げるとのこと。

CNBC Pro 購読者はここで詳細を読むことができます。

– ヴァイセン・ドン

7時間前

CNBCプロ:欧州では5四半期で予想を上回った銘柄は2銘柄のみで、毎回上昇している。

CNBC Proの分析によると、過去5四半期のそれぞれで市場をポジティブに驚かせた欧州株はわずか2銘柄のみだという。

CNBC Pro は、EPS 数値を報告し、ファクトセットにアナリストの予想がある Stoxx 600 銘柄を対象にスクリーニングされます。

四半期決算発表を受けて株価が大きく上昇した多くの銘柄の中で、ひときわ目立った銘柄があった。 直近では同社の利益予想を6.1%上回り、その後の取引で株価は8%以上上昇した。 同様に、4四半期前の同じ取引で株価は12.8%上昇した。

CNCB Pro 購読者は株式についてさらに詳しく読むことができます。

– ガネーシュ・ラオ

11時間前

ビットコインは一時6万ドルを割り、2022年以来最悪の月に下落

ビットコインは1カ月にわたり下落を続け、4月終値まで4%下落し、一時は6万ドルの水準を下回る水準で取引された。

主力の仮想通貨は8カ月ぶりのマイナスとなるペースで推移しており、前月比15%下落した。 これはFTXが破綻した2022年11月以来最悪の月となる。 2024 年までにはさらに 43% に増加します。

チャートを確認してください…

先月のビットコイン(BTC)。

仮想通貨ビットコイン関連株が下落した。 仮想通貨取引所コインベースは6%下落し、マイクロストラテジーは15%下落した。 このソフトウェア会社と自称ビットコイン開発会社も第1四半期に損失を報告した。

マイニングセクターでは、マラソン・デジタルが10.5%下落し、ライオット・プラットフォームズが8.5%下落した。 IRENとクリーンスパークはそれぞれ7%下落した。

来月にビットコインに何が起こるかについて詳しく知りたい場合は、こちらの投資概要をお読みください。

– タナヤ・マチル

16時間前

消費者心理の指標は2022年7月以来の最低水準に達した

ニューヨーク市のヘラルドスクエアにあるメイシーズの店舗で買い物をする人々。

マイケル M. サンティアゴ | ゲッティイメージズニュース | 良い写真

雇用とインフレに対する懸念が高まり、3月の消費者信頼感指数は2022年半ば以来の低水準となった。 会議委員会は次のように述べた。 火曜日

同グループの主要指数は97を記録し、3月に下方修正された103.1を下回り、ダウ・ジョーンズのコンセンサス予想である103.5を下回った。 これは同指数の2022年7月以来の最低水準だが、理事会関係者らは現状の指標は依然として健全な水準にあり、総合指数は2年以上「比較的狭いレンジ」にあると述べた。

しかし、事態の行方については懸念もあった。 回答者の回答は、「特に食品とガスの価格水準の上昇が消費者の懸念を支配しており、政治や世界的な紛争は二の次だ」と述べた。 ピーターソン氏は語った。

– ジェフ・コックス

18時間前

第 1 四半期の雇用補償活動は予想以上に増加

第1・四半期の労働者災害補償費総額は予想を上回っており、インフレ圧力が衰えていないことを示す新たな兆候となった。

同期間の雇用コスト指数は1.2%上昇し、2023年第4・四半期の0.9%よりも早く、ダウ・ジョーンズ予想の1%を上回った。 労働省はこう言った 火曜日この指数は連邦準備理事会当局者らによって、基調的なインフレを示す指標とみなされている。

前年同期比では、公務員労働指数は2023年の同時期の4.8%上昇に続き、4.2%上昇した。

– ジェフ・コックス

READ  157 入院中の日本の衛生用品