11月 30, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ロシアがウクライナを攻撃し、NATOが攻撃を非難し、ゼレンスキーが戒厳令を適用する

ウクライナの中国大使館は、木曜日の早朝に同国の市民に警告を発し、自分たちの安全のために車に中国の旗を掲げるよう促した。

大使館の声明は、「ウクライナの状況は著しく悪化している。いくつかの都市で爆発があり、軍事作戦が進行中である」と述べた。 それは市民に屋内にとどまり、窓やガラスから離れるように促し、通りでの「深刻な暴動」の可能性を警告した。

彼女は、中国市民が道路で車を運転する場合、「中国の国旗を車のボディの目に見える部分に貼り付けることができる」と付け加えた。

また、中国国民には、状況に細心の注意を払い、華僑組織と連絡を取り合い、「中国人のイメージと中国の強さを反映するために互いに助け合う」よう求めた。

中国にとって厳しい場所: 中国は 不快な位置 進行中の危機の間。 中国とロシアは、内政への西側の干渉と安全保障への脅威に直面して、ますます統一戦線を提示してきました。 そのパートナーシップは 非常に公に宣伝された ほんの数週間前、Xiとプーチンの間の首脳会談で。

中国の国連大使であるチャン・ジュン氏は、水曜日の夜、すべての関係者に「冷静で合理的な姿勢を保つ」よう呼びかけ、「平和的な解決策」はまだ可能であると述べた。攻撃。

READ  ヨーロッパはウクライナ危機に対してロシアに制裁を課し、米国との圧力を調整します