4月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ロシアのワグナー軍がバフムット・プリゴジンから部隊の撤退を開始

ロシアのワグナー軍がバフムット・プリゴジンから部隊の撤退を開始

[5月25日 ロイター] – その創設者エフゲニー・プリゴジン氏は、木曜日に投稿されたビデオの中で、ロシア傭兵集団ワグナーがウクライナの都市バフムートから軍隊を撤退させ、その陣地をロシア正規軍に移管し始めたと述べた。

「我々はバフムートから部隊を撤退させている。本日5月25日午前5時から6月1日まで、ほとんどの部隊は後方の野営地に再配置される。我々は陣地を軍に引き渡す」と同氏は述べた。 。

彼の報道機関がテレグラムに投稿したビデオには、プリゴジンが戦闘服を着て、戦争で被害を受けたアパートの隣に立っている様子が映っていた。

プリゴジンは土曜日、戦争中最も長く血なまぐさい戦いの後、バクムットの捕虜を発表した。

ロシア国防高官らに対する公の批判を繰り返し表明してきたプリゴジン氏は、最新のビデオで、正規軍が状況を管理できなくなった場合、ロシア軍はバフムートに戻る用意があると述べた。

(ロイター報道、マーク・トレベリアン執筆)

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  ギリシャの運輸大臣が列車事故で辞任。 死者36人