4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ロシア発表「クロッカスコンサートホール襲撃で容疑者逮捕、死者数は133人に増加」

ロシア発表「クロッカスコンサートホール襲撃で容疑者逮捕、死者数は133人に増加」



CNN

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、133人が死亡したモスクワのコンサートホール襲撃事件で、主要容疑者4人がウクライナとの国境近くで逮捕されたと当局が発表したことを受け、責任者を処罰すると明言した。

金曜日のクロッカス市庁舎襲撃事件は、ロシアの首都に対するここ数十年で最悪の死者数を出したテロ攻撃であり、プーチン大統領が秩序ある選挙で勝利し、今世紀初頭以来統治してきたこの国への支配力を強めてから1週間も経たないうちに起きた。

テロ組織ISISがこの死亡事件の犯行声明を出した。 米当局者は金曜日、ワシントンにはISISの主張を疑う理由はないと述べた。

この展開を受けて、アントニオ・グテーレス国連事務総長は土曜日、ISISに対する世界的な協力を呼び掛けた。

「ISISは世界のいくつかの地域で活動しているテロ組織であり、私たち全員にとって非常に深刻な脅威となっています…ISISが再び攻撃する能力を確実に持たないようにするために、すべての国が協力することを奨励します。 「グテレス氏は記者会見でこう述べた。世界の他の場所でも」

プーチン大統領は土曜日に発表したビデオ声明の中で、自身が「野蛮なテロ攻撃」と呼んだ事件をウクライナに結び付け、深い哀悼の意を表明し、日曜日を国家追悼の日とすることを宣言した。

さらに、犯人らは「隠れてウクライナに向けて移動しようとしたが、予備データによれば、ウクライナ側に国境を越えるための窓口が用意されていた」と付け加えた。

ウクライナは攻撃との関連を否定し、ロシアが攻撃を強化する口実として利用する可能性があると警告した。

ロシア捜査委員会は土曜日、クロッカス市襲撃事件による死者数は133人に達したと発表し、捜索が続いていると付け加えた。

同委員会は土曜日、金曜夜にロシアとウクライナの国境付近で襲撃実行の疑いのある男4人が拘束されたと発表した。

同委員会は、「ウクライナとの国境に近いブリャンスク地方の特殊部隊と法執行機関は、クロッカス市庁舎のコンサートホールでテロ攻撃を行った容疑者のうち容疑者4人を逮捕した」と発表した。

このことはロシア国営メディアRIAノーボスチも報じ、FSBは襲撃後、犯人らは「ロシア連邦とウクライナの国境を越えるつもりで、ウクライナ側に関連する連絡先があった」と述べた。接触疑惑の内容については明らかにしなかった。

一方、駐ロシアのベラルーシ大使は、金曜日の夜、ロシアが「テロリスト」が国境を越えて逃亡するのをベラルーシの特別機関が阻止するのに役立った、と述べた。

ストリンガー/AFP/ゲッティイメージズ

3月23日、クラスノゴルスクのクロッカス市庁舎コンサートホールでの武力攻撃現場で働く救急隊と警察職員。

ストリンガー/AFP/ゲッティイメージズ

写真は土曜日に燃えたクロッカス市庁舎のコンサートホールです。

プーチン大統領はビデオ演説の中で、合計11人が逮捕され、FSBとその他の機関が「犯罪現場から計画された移動手段や逃走経路を提供し、地下壕や武器弾薬の隠し場所を用意した人物」の特定に取り組んでいると述べた。 」。

さらに「この犯罪の加害者、主催者、扇動者は全員、正当かつ不可避の処罰を受けるだろう」と述べた。 「彼らは誰で、誰が彼らを指導しているのか?繰り返しますが、我々はこの残虐行為、ロシアに対するこの攻撃、我が国国民に対するテロリストの背後にいる者全員を特定し、処罰します。」

ロシア国営メディアは、拘束されたのは全員が外国人だと伝えた。

RIAノーボスチは、襲撃に関連して逮捕された男性のうちの1人の自白とされる内容を公表した。 RIAによると、襲撃犯とされる人物の1人は今月初めにトルコからロシアに帰国したと報告しており、そのうちの1人は襲撃実行料として50万ルーブル(約5000ドル)を約束されたと述べたという。

CNN は、報道の真実性や、脅迫されて行われた可能性のある攻撃者とされる発言の真実性を独自に検証することはできません。

ウクライナ軍事情報局のアンドレイ・ユソフ報道官は、プーチン大統領の発言は「全くの虚偽でばかばかしい」と述べた。

「大規模な戦争は2年以上続いている。国境地域は敵軍、特殊工作員、治安部隊でいっぱいだ。おそらく反体制派になりつつあるロシア国民を除いて、世界中の誰もがこのことを認識している。ゾンビだ」と彼は付け加えた。

悲惨な現場を詳述する証言がソーシャルメディア上に現れ、生存者はコンサートホールから逃げるために死んだふりをしたと回想している。

ロシアのメディアは、襲撃犯らが「自動小銃で発砲」し、「手榴弾や焼夷弾を投げて火災を引き起こした」と報じた。

ビデオクリップでは、銃撃音が広いホールに響き渡り始める中、大勢の人々が集まり、叫び声を上げたり、パッド入りの座席の後ろに隠れたりするなど、襲撃発生時のパニック状態が映し出されていた。 CNNが入手したビデオによると、コンサート会場の外にある大きな窓の壁の横に避難していたあるグループが、銃撃から逃れるために窓を割らなければならなかった。

ある女性はインスタグラムで「(襲撃犯は)出口のすぐそこに立っていました」と語った。 「私たちは立ち上がって歩き始めました。彼らは私たちに気づきました。何人かは走って戻り、人々に向けて撃ち始めました。私は地面に倒れて死んだふりをしました。私の隣にいた女の子が殺されました。

「その後、火事が発生し、ドアが閉められました。鍵がかけられなかったのかもしれません。私はドアの下で息をしながら横たわっていました。しばらくしてから這い出して周りを見回すと、辺り一面煙が立ち込めていたので、這って部屋の方へ向かいました」出口。

コンサートホール内でショーの開始を待っていた別の女性は、ソーシャルメディアで次のように語った。次に気づいたときには、私たちは落ちてしまうのです」ちょうど廊下で。

「立ち上がったとき、座席に頭を打ちました。それから私たちは飛び降りました…私たちが走っているときに、彼らがここにいて、私たちの3〜5メートル後ろにいることに気づきました…私たちは走っていて、それから私たちはステージに飛び乗ったが、そこからはすぐに退場があった。」

迅速な介入チームが地域に出動し、70名以上の救急車チームと医師が犠牲者を救援した。

クロッカス市庁舎からのビデオ映像には、音楽ホールやショッピングモールを含む巨大な複合施設が炎に包まれ、煙が空中に漂っている様子が映っていた。

ストリンガー/AFP/ゲッティイメージズ

クロッカス市庁舎前の仮設記念碑に花を手向ける人々。

マキシム・シェメトフ – ロイター

銃撃事件の被害者の遺体を専門家が搬送する。

国営メディアのロシア24は、会場の屋根が部分的に崩落したと報じた。 ロシアの非常事態省は、救助隊員らが土曜日も天井が崩落したホールを含む現場で作業を続けたと発表した。

ロシア緊急省によると、クロッカスシティ複合施設の屋上、2階、3階で消防団が依然として消火活動を行っている。 救助チームはすでに41立方メートルの瓦礫を撤去した。

ロシア24チャンネルによると、虐殺はバンド「ピクニック」のコンサート前に発生した。

ピクニックのディレクターは国営メディアに対し、出演者らに怪我はなかったと語った。 一方、バンドのボーカルであるシャーマンは、犠牲者の葬儀と負傷者の治療にかかる費用は自分が負担すると述べた。

ストリンガー/AFP/ゲッティイメージズ

土曜日、法執行官が武力攻撃現場を巡回している。

今月初め、在ロシア米国大使館は「過激派がコンサートを含むモスクワでの大規模な集会を標的にする差し迫った計画を立てているという報道を監視している」と述べた。 大使館はアメリカ国民に対し、大規模な集会を避けるよう警告した。 クロッカス市庁舎襲撃事件の報道を受けて金曜日、米国国民に対しロシアへの渡航を控えるよう勧告した。

情報に詳しい2人の情報筋によると、11月以降、ISIS-Kがロシア攻撃を決意しているという情報が続々と入ってきた。

ISIS-Kとは、アフガニスタンとその周辺地域で活動するテロ組織の支部であるISIS-Kの略です。

米国家安全保障会議のエイドリアン・ワトソン報道官は、米国政府はモスクワで計画されたテロ攻撃(コンサートを含む大規模な集会を標的にした可能性がある)に関する情報を入手しており、これが国務省が国民に警告を発するきっかけとなったと述べた。

プーチン大統領は火曜日の演説で、米国の警告を「挑発的」だと批判し、「これらの行為はあからさまな脅迫であり、我々の社会を脅迫して不安定化させようとする意図に似ている」と述べた。

この攻撃に対して国際的に広く非難があり、米国、中国、英国、ドイツなどが哀悼の意を表明した。

READ  アサドがアラブ首長国連邦を訪問、戦争開始以来初めてのアラブ諸国への旅行