10月 26, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ロボットアームによる怪我を防止する方法

ロボットアームは製造業で広く普及しており、事業のレベルを引き上げたいのであれば、是非とも導入を検討すべきでしょう。ロボットアームの導入には、多くのメリットがあるからです。

しかし、その大きなメリットの反面、電動アームが安全上の問題を引き起こす可能性があるのもまた事実です。従業員が怪我をして訴訟を起こされるような事態はなんとしても避けたいでしょう。

そのためには、ロボットアームによる損失を避け、利益のみを享受できるよう対策を講じましょう。今回は、その策をご紹介します。

自己学習型ロボットの制御

自己学習型の機械は、デフォルトのプログラミングによる制限をなくすことができるため、今後の大きなトレンドとなっています(あるいはすでになっているかもしれません)。しかし、自己学習型のロボット ハンドには、安全上の問題もあります。

リスクを軽減するには、自己学習型のロボットアームを制御する必要があります。

消耗への対応

他の機械と同じように、ロボットアームも消耗しやすい機械です。消耗すると、アームが故障して安全上の問題を引き起こす可能性があります。そのような事態に陥る前に、アームに摩耗や損傷の兆候がないかどうか点検する必要があります。

そうすること、事前にリスクを特定し、工場内で致命的な問題が発生する前に適切に対処することができます。最も良いのは、専門家に点検を依頼することです。

適切な設置

ロボットアームが正しく設置されていないと、何が起こるかわかりません。周囲の人に危害を加えたり、損害を与えたりする可能性が高まることは間違いないでしょう。そのため、使用方法や詳細な設置手順が明確に示されたものを購入しましょう。

万が一自分で設置するのが不安な場合は、プロに依頼するのも良いでしょう。

部品の信頼性を確認する

ロボットアームは企業にとって貴重な資産です。悪意を持つ人間がそれを利用し、利益を得るためにあらゆる手を使う可能性があります。そのため、偽の電子部品を使用した機械が市場に出回っていることも十分考えられます。

ロボットアームの偽造品は、プログラムエラーや故障の原因となりますので、ラベルの誤字脱字など偽造品の兆候がないかどうかご確認ください。

定期メンテナンスの実施

機械が最適に機能するには定期的なメンテナンスが必要ですが、それはロボットアームも同じです。アームの状態を保つには、専門家による定期的なメンテナンスを実施する必要があります。

ヒューマンエラーに注意

ロボットアームが正常に動作するためには、プログラミングや設定を行う必要があります。しかし、特に初めてロボットアームを使用する場合には、間違った設定をしてしまう可能性があります。これ自体は仕方のないことではありますが、それによって引き起こされる損害は避けられません。

そのため、産業用ロボットアームを使用する前には、正しくプログラミングや設定がされているかどうかを確認し、ヒューマンエラーによる致命的な事態を避けるようにしましょう。

ロボット ハンドム活用のヒント

ロボットアームのリスクを軽減するために必要な対策を学んだところで、今度はロボットアームを使用する際に注意すべき点をいくつかご紹介します。

ロボットは人間と同じ知能を持っているわけではない – 確かに、協働ロボットやロボットは、多くの生産現場で効率を向上させることができます。しかし、人間ほどの知能は持っていません。ロボットは完璧ではないため、ミスをする可能性は十分あります。

このことを頭に入れておくことで、ロボットを使った作業に伴うリスクを軽減することができます。

作業者の研修が必要 – 機械の操作方法は様々で、作業者にとってはその都度新たな作業となります。ロボットアームを購入後、研修をせずに従業員に操作させると失敗の元になります。

従業員に研修を受けさせることで、従業員がアームを誤った方法で扱ったり、破損したりするリスクを軽減することができます。

操作は離れた場所から行う – ロボットアームを人間が操作しなければならない場合、作業中にロボットアームが人間の手の届く範囲にあってはいけません。怪我を避けるために、従業員が機械を遠隔で操作できる場所を確保してください。

監督が必要 – 一般的に、雇用者が従業員の能力を信頼していることを示し、自己実現を促すために、職場では従業員を過度に管理すべきではないとされています。しかし、従業員がロボットと同じ場所で働いている場合、しっかりと監督する必要があります。

そうすることで、差し迫った危険を回避することができます。

許可されていない人のアクセスを制限 – 事故は一般的に機械の操作方法を知らない従業員によって引き起こされます。そのため、ロボットアームの設置された場所へアクセスするのは許可された人に限定しましょう。これにより、被害や負傷のリスクを軽減することができます。

疑問があれば説明書を参照する – ロボットアームを操作するのが自分自身であっても、従業員であっても、疑問があれば説明書を参照することが重要です。やみくもに操作して、怪我をしたり、他人に怪我をさせてしまったり、機械に深刻な損害を与えたりするようなことは避けたいものです。

必要に応じて速度を調整する – ロボットアームの動作速度が問題を引き起こすことがあります。そのような場合には、モーターの電圧や電流を操作して、速度を調整する必要があります。

まとめ

企業の経営者が最も危険な作業をロボットアームに割り当てるのは当然のことです。だからこそ、ロボットアームが作業員に危害や損害を与えることなく作業を行えるようにする必要があります。このガイドでは、作業が安全に行われるための注意点やヒントをご紹介しました。

READ  ハリケーンナバルドックは7月27日に日本の本島で地滑りを引き起こす可能性があります