7月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ロメオ・ラヴィア、リヴァプールを犠牲にしてチェルシーへの移籍を決断

ロメオ・ラヴィア、リヴァプールを犠牲にしてチェルシーへの移籍を決断

サウサンプトンMFロメオ・ラフィアがチェルシーへ加入することが決定した。

両クラブの関係は良好であり、契約に関して問題はないと予想される。

19歳の選手の移籍が決まるには、5000万ポンド程度の移籍金と追加料金がかかると予想されている。

チェルシーはベルギー代表選手を巡ってリヴァプールとの競争に直面したが、アンフィールド側はラフィアの選出を認識している。

ラフィアはリヴァプールのもう一人のターゲット、モイセス・カイセドとともにスタンフォード・ブリッジに移籍することになる。


夏の移籍期間をフォローしてください 運動選手


カイセドはイギリス史上最高額となる1億1500万ポンドの契約でチェルシーに移籍するが、リヴァプールはブライトンの前に1億1000万ポンドのオファーを提示していた。 21歳のエクアドル代表は、ついにウェスト・ロンドンのチームでプレーしたいと表明した。

リヴァプールとチェルシーも今夏、サウサンプトンの2023-24シーズンのチャンピオンシップ開幕2試合に出場しなかったラベア獲得に以前から入札していた。

ユルゲン・クロップ監督は、ブラジル代表選手が最近サウジプロリーグのアル・イティハドへの移籍を完了したことを受けて、ファビーニョの後任候補として同選手を評した。

運動選手 8月7日の報道によると、リヴァプールはラフィアに対する4,600万ポンドの3度目の入札を拒否したという。

日曜日、プレミアリーグ開幕戦、チェルシーとリヴァプールはスタンフォードブリッジで1-1で引き分けた。

さらに深く進む

ロミオがペップと出会ったとき:ラフィア、グアルディオラ、そしてベルギーへの旅の物語

(写真:ゲッティイメージズ)

READ  デショーン・ワトソン事件で迫り来る判決の上に浮かんでいるロジャー・グッデルへの控訴の可能性