4月 23, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ローマ法王、ウクライナは交渉で「白旗の勇気」を持つ必要があると発言

ローマ法王、ウクライナは交渉で「白旗の勇気」を持つ必要があると発言

フィリップ・プルラ脚本の作品

ローマ(ロイター) –教皇フランシスコ 同氏はインタビューで、ウクライナは「白旗」と呼ぶ勇気を示し、数万人の命を奪った2年前のモスクワ大規模侵攻に続くロシアとの戦争終結交渉をしなければならないと語った。

フランシスコ大統領は、金曜日にトルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領が戦争終結に向けたウクライナとロシアの首脳会談開催を提案するずっと前に、先月収録されたスイスのラジオRSIのインタビューでコメントした。

エルドアン大統領は、イスタンブールでウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領と会談した後、新たな提案を行った。 ゼレンスキー氏は平和を望んでいるが、いかなる領土も放棄するつもりはないと語った。

ウクライナ指導者の和平計画は、ウクライナ全土からのロシア軍の撤退と国境の回復を求めている。 クレムリンは、キエフが定めた条件の下で和平交渉に入る可能性を排除した。

ゼレンスキー氏の報道官は法王のコメントについてのコメント要請にすぐには応じなかった。

フランシスコ氏はインタビューで、ロシア軍を撃退できていないウクライナは降伏すべきだと主張する者と、降伏すれば強党の行動を正当化すると主張する者との間の議論について、どのような立場に立っているかと質問された。 インタビュアーは質問の中で「白旗」という言葉を使いました。

ロイターが土曜日に入手したインタビューの事前記録とビデオの一部によると、フランシスコ氏は「それは一つの解釈であり、それは正しい」と述べた。 新文化番組の一環として3月20日に放送される予定だ。

「しかし、状況を見つめ、国民のことを考え、白旗の勇気を持って交渉する人が最も強いと私は信じている」とフランシスコ首相は述べ、交渉は国際大国の協力を得て行われるべきだと付け加えた。

「交渉という言葉は勇気の言葉です。自分が敗北し、物事がうまくいっていないとわかったとき、交渉する勇気を持たなければなりません。」とフランシスは語った。

フランシスコ大統領がウクライナ戦争について語る際に「白旗」や「敗北」などの言葉を使ったのはこれが初めてとみられるが、同氏は過去にも交渉の必要性について語ったことがある。

バチカンのマッテオ・ブルーニ報道官は声明で、教皇は対話者が話した「白旗」という言葉を拾い上げ、「敵対行為の停止(と)交渉の勇気によって達した停戦を示すために」使用したと述べた。

昨年、87歳の教皇は、これらの国の指導者の見解を調査するため、和平特使のイタリアのマッテオ・ゾッピ枢機卿をキエフ、モスクワ、ワシントンに派遣した。

フランシスコ首相は交渉について「恥ずかしいと思う人もいるかもしれないが、(戦争は)何人の死者が出れば終わるのか。適切な時期に交渉し、仲介役になってくれる国を見つけるべきだ」とトルコに言及した。 提供した国の中で。

「殉教者ウクライナ」と彼が呼ぶ人々に何百回も訴えてきたフランシスコは、「状況が悪化する前に、ためらうことなく交渉するべきだ」と語った。 調停をしたいかと問われたフランシスさんは「私はここにいる」と答えた。

フランシスコはインタビューの別の部分でイスラエルとハマスの戦争について語り、「交渉とは決して降伏ではない」と語った。

ゼレンスキー大統領は先月、2022年2月のロシア侵攻以来3万1000人のウクライナ兵士が殺害され、同国の占領地域では数万人の民間人が殺害されたと述べた。

(レポート:フィリップ・プルラ、編集:フランシス・ケリー)

READ  国連の首長は、ウクライナ戦争が地球温暖化の目標を脅かしていると警告している気候危機