8月 12, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

一部の航空旅行者は特別な電車やバスを利用しています

日本の鉄道やバス会社は、コロナウイルスに対する政府の国境措置に沿って、海外から帰国する人々のために特別な列車や車両を運行しています。 しかし、それらを使用しているのはごく少数です。

政府は、空港でウイルス検査を受けたとしても、公共交通機関を利用しないよう外国人に呼びかけている。

京成電鉄や空港交通サービスなど、成田空港と東京を結ぶ企業は、昨年12月に特別列車とバスのサービスを開始した。

京成は、京成電鉄の8つのコンパートメントのうちの1つを、1日29回これらの乗客のために予約しています。

これにより、各カートの容量は通常の半分の約20に制限されますが、平均して1日あたり20人しか使用しません。

空港送迎サービスは、1日3本の特別バスを運行しています。 それらの容量は平均20です。 しかし、これらのバスは1日平均5人の乗客しか運びません。

NHKチームは、成田空港に到着した多くの人々に特別な輸送サービスについて尋ねました。 それらのいくつかは彼らの存在を知っています。 そこで彼らは代わりに車を借りるか、運転車両と呼んだ。

運輸会社は、さまざまな方法で自社のサービスを宣伝しようとしていると主張しています。

READ  日本の会社は災害計画における小型ポータブルトイレの使用を目指しています