5月 23, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

三菱重工、日本の軍備増強で記録的な防衛受注を見込んでいる

三菱重工、日本の軍備増強で記録的な防衛受注を見込んでいる

東京:三菱重工業は今年度の防衛受注予測を2倍の1兆6000億(107億米ドル)にすると日本は11月5日月曜日に発表した。 。

東京都は、2027年までに防衛費を国内総生産(GDP)比2%に倍増することを目指している。

同国のトップの防衛請負業者である三菱重工は、ミサイル、戦車、潜水艦、その他の防衛機器を製造しており、軍事事業が総収益の約10分の1を占めている。

同社の広報担当者はロイターに対し、防衛受注額の社内予測が従来予想されていた8000億─8500億円と比べて修正されたと語った。

同社は月曜日、通期の受注総額予想を5分の1引き上げ、5兆6000億円とした。

同社が9月までの6カ月間の決算を発表した後、三菱重工の泉沢清治最高経営責任者(CEO)は記者団に対し、これは「控えめな見積もり」であり、航空機、防衛、航空宇宙分野での受注が予想を上回ったと述べた。

同氏は「通常は下半期に注文が入り続けると想定して見積もりを修正するのは合理的だ」と述べた。

同社はまた、エネルギー事業の受注が3月までの通期で従来予想を2000億円上回ると予想していると述べた。

READ  Draxは日本に新しい子会社を設立してアジアに進出