4月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

世界の需要が冷え込む中、日本の工場生産高は3か月連続で減少した

世界の需要が冷え込む中、日本の工場生産高は3か月連続で減少した

日本の工場生産高は、海外需要の冷え込みがパンデミック前のレベルを下回ったため、11 月に 3 か月連続で縮小しました。

12 月 28 日の産業省によると、鉱工業生産は 10 月から 0.1% 減少しました。これは、コンベア ベルト、クレーン、およびチップとフラット パネル ディスプレイを製造するための機器の生産の減少に牽引されたものです。 エコノミストは0.2%の下落を予想していた。 アナリスト予想の1.5%減に対し、生産高も前年同期比1.3%減となった。

製造業の弱さが続いていることは、経済の弱い回復にはまだ支援が必要であるという日銀の見方を裏付けています。 日本企業、特に製造業者は、世界的な不況と主要な海外市場の減速の可能性をめぐって不確実性が高まっているため、見通しに対してより慎重になっています。

貿易相手国からの需要は弱まり、貿易統計によると、2021 年のサプライチェーンの低迷以来、日本からの輸出の前月比で最大の落ち込みが示されています。

大和証券のエコノミスト、鈴木浩太氏は「全体として、見通しはあまり有望ではない。 「金融引き締めが実施されると、米国とヨーロッパの経済は減速するでしょう。中国のCovid-Zero政策が緩和されたとしても、感染の増加による短期的な混乱が懸念されます.

最新の数字は、2019年末の生産高が依然として水準を下回っていることを示しており、経済がパンデミック前の強さをまだ取り戻していないことを示しています。 日銀の黒田東彦総裁は、コロナ以前の強さの欠如の中で、経済は継続的な支援が必要であると繰り返し述べてきました。

日銀の衝撃的な動きにより、12 月 20 日からの長期国債利回りの動きが広がり、変化が差し迫っているという憶測が飛び交った。 黒田総裁は4月に辞任し、新しい総裁は中央銀行が将来どのように政策を正常化するかを検討しなければならない.

今のところ、最新の数字は、知事が去る前にFRBの景気刺激策へのさらなる変更を正当化するのに必要な経済の強さの兆候をほとんど示していません.

12 月 27 日に発表された小売売上高データは、海外からの訪問者に対して国境が完全に再開された最初の 1 か月後、消費支出が予想外に落ち込んだことを示しました。 エコノミストは、インフレ流行による需要の低迷を解消した後、支出の減少が日本のセンチメントを圧迫し始めていると述べています。

国内および海外での需要が弱まり続けているため、夏の景気後退からの日本の回復は、予想よりも堅調ではない可能性があります。 見通しが暗い中、企業は中央銀行と政府が持続可能な成長と物価のサイクルを安定させるために要求している大幅な賃金引き上げに消極的かもしれません。

「最近の指標は、日銀の政策変更を支持していないようだ」と鈴木氏は述べた。 「最終的には、来春の賃金交渉にかかっている。したがって、政策変更の兆候が出るまで長い間待たなければならない.

READ  スバル:2022年10月の生産・国内販売・輸出実績を発表