11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

世界は日本のアイスクリームを愛しています

東京>>日本は自動車や電子機器で知られているかもしれませんが、世界中の人々も日本のアイスクリームを求めて叫んでいます。 2021年の最初の6か月で、アイスクリームとその他の冷菓の総輸出額は2,830万ドルに達し、2020年の同時期よりも40%高くなりました。

ロッテ株式会社最大の小売業者である雪見だいふは、2015年に本格的なアイスクリームの輸出を開始しました。 現在、約20カ国で販売されています。 ゆきみは、凍らせても固くない餅のなめらかな食感で有名だそうです。

井村屋グループ株式会社アズキバーややわもちアイスクリームなどの主力商品を米国と台湾に輸出している。

財務省によると、2000年から2012年まで、アイスクリームの年間輸出額は350万ドルから700万ドルの範囲でした。

ユネスコの絶妙な文化遺産に鷲食が加わった後、2013年にアイスクリームの輸出が始まり、今では流行りの家庭で食べる人が増え、家庭用品の販売が急増しています。

東京はオリンピックへの関心を高めるもう一つの理由かもしれません。 雪見に関する記者のツイッター投稿は、海外の多くの人々の注目を集めました。

送料と手数料は外国の御馳走の価格を2倍にすることが期待されていますが、より低い関税のための貿易協定は輸出をさらに後押しすると予想されます。

しかし、一部の企業は現地生産を決定しています。 井村屋グループは9月にマレーシアであすきバーの製造を開始し、近隣諸国での宴会の販売を計画しました。

日本アイスクリーム協会の関係者は、「日本の人口が減少しているため、このような企業は、一年中暑い東南アジア諸国でのアイスクリームの需要に大きな期待を寄せている」と語った。

READ  Kovit-19の期間中の日本への旅行:行く前に知っておくべきこと