12月 1, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

世界野球ソフトボール連盟

キューバと日本は、金曜日のスーパーラウンド初日のスリリングなベースボール 5 の試合で、土曜日に出場権を獲得しました。 WBSC ベースボール5 ワールドカップ 最後の。

素晴らしい朝のセッション キューバはチュニジアを 2 対 0 (10 対 1、11 対 1) で下し、優勝候補のベネズエラは午後にベネズエラを 2 対 0 (8 対 0、11 対 0) で下した後、無敗を維持した。

一方、日本はチャイニーズ・タイペイを2-1 (4-2, 4-6*, 5-4) 2-0 (1-0, 6-)*の延長戦で破り、2位に浮上した。 1) 午前中にベネズエラを倒す。

キューバが先制 スーパーラウンドレベル 日本(3-1)、ベネズエラ(2-2)、チャイニーズ・タイペイ(2-2)、メキシコ(1-3)、チュニジア(0-4)の4勝0敗。

順位決定戦では、韓国がリトアニアを2-1(5-0、0-2、6-5)で下し、ケニアは延長戦の末、香港を2-1(3-2、3-5、7-6)で下した。 南アフリカはフランスを 2-0 (2-0、6-1) で下しました。

現時点の プレースメント ラウンド ステージ 南アフリカ (4-0)、ケニア (3-1)、フランス (2-2)、韓国 (2-2)、リトアニア (1-3)、香港 (0-4) です。

土曜日は WBSC ベースボール 5 ワールド カップの最終日で、午前中のセッションで最後のスーパー ラウンド ゲームが行われ、午後 5 時と午後 7 時にそれぞれ銅メダル ゲームと世界選手権決勝戦が行われます。

キューバ 2-0 ベネズエラ (8-0、11-0)

午後のセッションの最初のゲームで、多くの人が決勝のプレビューと考えていたもので、ベネズエラが最初のイニングの後に6-0のリードを奪ったため、キューバはベネズエラにとって強すぎました.Brindi Molina(2回)、Orlandoのゴール. Amador、Saquira Aspiazu、Eliani Castellanos、Roivelis Nunez。

2イニング後、アマドールがホームプレートでタグアウトを試みたとき、ブリアンディは2イニング後にリードを7-0に広げました。

最初のゲームが終了するまで、8-0のままでした。

2番目のゲームでは、アマドールとブリアンディが1回に2得点を挙げて6-0でリードし、ヒメネスがゲームに戻った後、キューバの音楽も同様でした。 アマドールとブリアンディがニュースと組み合わされて、2番目のゲームで再び得点を挙げて9-0になり、3番目のゲームでアマドールとブリアンディが別のショーを行い、ゲームを11-0にしました。

日本 – チャイニーズ・タイペイ 2-1 (4-2, 4-6*, 5-4)

チャイニーズ・タイペイが勝利したアジアカップ決勝では、試合は事実上準決勝となり、両チームは 2 対 1 の勝敗記録を誇っており、勝者が決勝進出を決めた。

Yu-hao Tu が 1 回に台北の得点を開始すると、日本はすぐに応答し、島拓也、三上俊、綾子魯閣が日本に 3-1 をもたらしました。 Chun Chiu は 5 回に 4-2 と答え、Rocca が 2 回目に再び得点を挙げたが、田中美和のパーフェクト キャッチで 4-2 でイニングと 1 回目を終えた。

第2試合は第1試合と同じように始まった。 トゥがチャイニーズ・タイペイの先制点を挙げた後、マイガミが得点し、ロカクが数田彩乃にプレーして、最初の試合の終わりに日本に2対1のリードを与えました。 宮之原健が2回に日本の得点を挙げて3対1になり、Chi-ding-hua Shi がチーリンとドゥを家に持ち帰り、4回に3対3で引き分けました。 7回表までそのままでした。 志摩は6回に日本代表の勝利に最も近づいたが、ロッカが中堅手でモンスターのようにプレーし、Chiu、Shih、Douの2つの素晴らしいパフォーマンスでチャイニーズタイペイが先制したため、ホームでタグアウトされた。 6-3. Rocca は第 7 ゲームで得点を挙げましたが、チャイニーズ タイペイが第 2 試合を 6-4 で制したため、十分ではありませんでした。

チャイニーズ・タイペイは、タイブレークで 2-0 のリードを奪う好スタートを切り、日本は第 2 ゲームで和田 (2 回)、志摩、三上、魯閣のゴールで得点を挙げ、日本を 5-2 にリードしました。 日本が勝利を収めると、5回にChiuとShihがチャイニーズ・タイペイの得点を挙げて5-4としたが、最終的に日本は持ちこたえ、決定的な勝利を収めることができた。

メキシコ対チュニジア 2-0 (4-1*、2-0)

その日の最後のスーパーラウンドの試合で、メキシコはキャンペーンを維持するためにチュニジアに対して決定的な勝利を収め、ファンを興奮させました。 マリアン・カストロ、ネルソン・ロドリゲス、ビビアン・バヌエロスがそれぞれゴールを決め、エロイ・フローレスがイニングでメキシコを 4-1 に上げた。 フローレスからグアダルーペ イオンへの華麗なスローでホーム プレートにヘルミー ベン マウマンをタグ付けするなど、いくつかの素晴らしい守備がスコアラインをそのまま維持し、メキシコに 4 対 1 の勝利をもたらしました。

カストロとロドリゲスは 2 番目に得点し、4 番目にメキシコを 2-0 でリードし、2 つのチームは再び離れることはできませんでした。 メキシコが 2-0 で守り、2-0 で勝利したリードは、応援するファンを大いに喜ばせました。

READ  14歳の日本人女性ドン・ギジョットが殺人未遂で逮捕され、屋根からカートを投げた