4月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

世界野球大会:錦川ダイビングキャッチが日本のリードを守る – 世界野球ソフトボール連盟

世界野球大会:錦川ダイビングキャッチが日本のリードを守る – 世界野球ソフトボール連盟

コーンネクスト侍ジャパンシリーズ第2戦で世界1位の日本と欧州が激突。

試合前、WBSCのリッカルド・フラッカーリ会長はジャン=エリック・パケ駐日欧州連合大使を京セラドームに歓迎した。

比江島 誠は、Bリーグの宇都宮ブレックスに所属するプロバスケットボール選手です。

2死一塁で誰もいない状況で、アレックス・リディが森下翔大のスローチョッパーでスムーズな併殺打を打って三塁に打って出て、ヨーロッパが潜在的な1回の詰まりを脱出するのに貢献した。

日本は2位で首位に立った。 左翼手の田村俊介が3位となり、欧州の守備陣を上回った。 ゴロで三塁に到達し、捕手の山本航大の犠牲フライで得点した。

ラース・ホイジェルはソルバッハをヨーロッパの3トップに据えた。

日本の先発・金丸夢人も2イニングを投げた。 左腕はヨーロッパ代表のチャンスを逃さず、6三振のうち4つを奪った。 中村優人が登板した。

ヨーロッパは5回にディエゴ・ダ・シルバにボールを渡した。 中村有道、松山晋也、中村翔太の日本人投手3人が5回まで欧州を担当した。

田村は6回表、欧州ランキング4位のスヴェン・シューラー投手に対して逆方向安打で勝ち越した。 ビデオレビューの後、彼は二番目にコールされ、盗塁を捕らえられた。

7回裏、中堅手の西川美翔選手が見事なダイビングキャッチを決め、デラノ・セラサ選手から長打を奪いました。

日本 0 1 0 0 0 0 0
ヨーロッパ 0 0 0 0 0 0 0

日本 CF 西川美翔 (1/2)、DH 近藤健介 (塩見泰隆 0-1)、RF 森下翔大 (1-2、スージー万波 1-1)、3B 村上牟礼高 (0-2、小園海斗 0 -) 2)、LF田村俊輔(1-4)、SS紅林宏太朗(0-2)、2B中野拓夢(1-1)、C山本雄大(0-1、古賀優人0-1)、1B石川崇哉(0 -2)。
投手 金丸夢人 IP 4、K 2、PP 0、H 0、ER 0; 中村優人 IP 1、K 0、BB 0、ER 0; 松山晋也 IP 1、K 1、BB 0、H 0、ER 0; 渡辺翔太 IP 1、K 2、BB 0、H 0、ER 0; 住田 チチロウ IP 2、K 3、BB 0、H 0、ER 0;

欧州 RF デラノ・セラザ (3 打数 0 安打)、CF マレク・チュラブ (0 勝 3 敗)、3B アレックス・リディ (0 勝 3 敗)、DH マルティン・セルヴェンカ (0 勝 2 敗)、LF ダニエル・ヒメネス (0 勝 2 敗)、C ガブリエルリノ (0-2)、2B シャーラン・スクープ (0-2)、1B マレク・ムジク (0-2)、SS エジソン・ヴァレリオ (0-2)。
投手 マーカス・ソルバッハ IP 2、K 0、BB 2、H 1、ER 0; ラース・ホイジャー IP 2、K 2、BB 1、H 2、ER 0; ディエゴ・ダ・シルバ IP 1、K 2、BB 0、H 0、ER 0; スヴェン・シューラー IP 1、K 1、BB 1、H 1、ER 0; フェルナンド・ペース IP 1.1、K 1、BB 1、H 1. ER 0; マテオ・ボッキ IP、K、PP、H、ER;

続きを読む:
日本は第1戦で欧州を完封した
公演前の記者会見

READ  日産は部品不足とCovidのため、日本でのZCoupeとAriyaEVの注文を停止します