6月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

中国、嫦娥6号ミッションが月の裏側に無事着陸したと発表

中国、嫦娥6号ミッションが月の裏側に無事着陸したと発表

中国は、自国の無人宇宙船が月の裏側、ほとんど誰も行こうとしない未踏の場所への着陸に成功したと発表した。

中国国家航天局は、嫦娥6号が北京時間日曜午前6時23分(日本時間土曜22時23分)に南極イトキン盆地に着陸したと発表した。

5月3日に開始されたこのミッションは、史上初めてこの地域から貴重な岩石や土を収集することを目的としている。

この探査機は、南極の巨大なクレーターから最古の月の石の一部を抽出できる可能性がある。

探査機が月の裏側に到達すると通信が非常に困難になるため、着陸には危険が伴いました。 中国はこれまでにこの偉業を達成した唯一の国で、2019年に嫦娥4号を着陸させた。

嫦娥6号宇宙船は文昌宇宙発射センターから打ち上げられた後、月の周回軌道を周回して着陸を待っていた。

その後、ミッションの着陸要素はオービターから分離され、永久に地球に面する月の側に着陸しました。

国営新華社通信によると、着陸時には自律視覚障害物回避システムが障害物を自動的に検出するために使用され、可視光カメラが月面の明暗に基づいて比較的安全な着陸エリアを選択した。 通信社。

着陸船は安全な着陸ゾーンの上空約100メートル(328フィート)を飛行し、3Dレーザースキャナーを使用してからゆっくりと垂直降下した。

CNSAによると、この作戦はQueqiao-2衛星によって支援されたという。

中国国営メディアは着陸成功を「歴史的瞬間」と評した。

国営放送によると、日曜早朝、嫦娥着陸船が月面に着陸した際、「北京宇宙飛行管制センターでは拍手が起きた」という。

着陸船は地表から物質を収集するのに最大3日間かかるとされており、中国国家航天局は「多くの技術革新、高いリスク、そして大きな困難」を伴うプロセスであると述べた。

マンチェスター大学の月地質学の専門家であるジョン・バーネット・フィッシャー教授は、「これまで誰も見たことのないこれらの岩石を見ることができるかもしれないと、誰もがとても興奮しています」と説明する。

彼は、米国のアポロ計画や以前の中国の計画によって持ち帰られた他の月の石を分析しました。

しかし、月のまったく異なる領域から採取された岩石を分析する機会があれば、惑星がどのように形成されたのかという根本的な疑問に答えることができるかもしれない、と同氏は言う。

これまでに収集された岩石のほとんどは火山岩で、アイスランドやハワイで見つかるものと同様です。

しかし、反対側の材料は異なる化学的性質を持つことになります。

「これは、惑星がどのように形成されるのか、地殻が形成されるのはなぜなのか、太陽系の水の起源は何なのかなど、非常に大きな疑問に答えるのに役立ちます。」 と教授は言います。

CNSAによると、このミッションはドリルと機械アームを使用して約2kg(4.4ポンド)の物質を収集することを目的としている。

南極エイトケン盆地は衝突クレーターであり、太陽系で既知の最大のクレーターの 1 つです。

そこから、探査機は月のマントルの奥深く、つまり月の内核から来る物質を収集できるとベルント・フィッシャー教授は言う。

月の南極は月探査における次のフロンティアであり、氷がある可能性が高いため、各国はこの地域の理解に熱心である。

READ  オックスフォードの科学者らは物理学の基本原理は間違っていると主張