6月 14, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

中国、景気刺激のため兆人民元規模の国債売却を開始

中国、景気刺激のため兆人民元規模の国債売却を開始

中国政府が景気刺激に向け支出を拡大する中、中国当局は1兆人民元(1400億ドル)相当の長期債を売却する計画を開始した。

要請を受けた関係者2人によると、中国人民銀行はブローカーに対し、ソブリン債の第1弾の売却価格設定について助言するよう要請した。

中国政府は3月の年次議会で債券を売却する計画を発表し、長期化する不動産危機の中、主要分野への投資を支援し、第2四半期の経済勢いを高めると述べた。

国家発展改革委員会のリュー・スーチ副委員長は公開記者会見で、「債券の売却は、経済の近代化に不可欠な大規模で緊急かつ困難なプロジェクトを支援するための協調的な取り組みの重要な部分である」と述べた。 4月中旬。

「これらはすべて、長い間計画されてきたが実現していないプロジェクトであり、中央レベルのリーダーシップが必要です。」

この売却は、中国の地方銀行が今年第1四半期に長期国債を積み増し、政府借入コストが記録的な水準に達したことを受けて行われたもので、彼らは中国の株式市場や不動産市場の不安定さから逃げ場を求めている。

中国は新型コロナウイルス感染症のパンデミックを抑制し、インフラ投資を促進するために1兆元が調達された2020年にも同様の長期債を売却した。 今回販売される債券は、地方自治体の債務負担を軽減しながら長期プロジェクトに資金を提供する方法として、償還期間が長くなることが見込まれている。

新債券は、調達した資金が目的を絞って割り当てられるという点で通常の国債とは異なります。 これは、国営銀行の資本増強のための1998年とソブリン・ウェルス・ファンド創設のための2007年の売却に続く、民間ソブリン債発行の第4弾となる。

この売却により、投資家は歴史的に満期まで保有する傾向にある中国の長期債券市場の流動性が改善すると期待されている。

中国は不動産やインフラへの投資を原動力とする成長モデルから経済を転換しようとしているが、これが地方政府の債務の膨張につながっている。

香港に本拠を置く信用格付け会社CSPIのディレクター、ジェイムソン・チョウ氏は、今回の債券売却は「中国にとって債務構造を再構築する重要な時期に行われる」と述べ、この山に対処しながら中央政府の借入を増やすという中国の戦略に言及した。問題。 地方自治体の借金のこと。

鄒氏は「世界の基準と比較すると、中国には今後5─10年間で数兆元相当の債券を発行する余地がまだ十分にあり、中央政府がより大きな影響力を持ち、投資を拡大できるようにする」と付け加えた。

李強首相は今年、食料安全保障、エネルギー、産業サプライチェーンなどの主要分野を強化するため、今後数年間さらに長期債が発行されることが予想されると述べた。

中央銀行から要請を受けた関係者2人によると、発行される新規債券​​の第1弾は800億─1000億元となる。 大半の債券の満期は30年だが、50年債もあるだろうと付け加えた。

一部の銀行に送付されフィナンシャル・タイムズが確認した内部通知によると、財務省は長期債の引き受けを手配するため、5月13日に国内最大手の商業銀行の職員を召喚する予定だという。

売却計画は審査のために中国国務院に提出されており、財務省と国家発展改革委員会も売却の調整に関与している。

クレディ・アグリコルのアジア調査責任者、チー・シャオジャ氏は、中国人民銀行が昨年4月、適切な時期にこれらの債券を流通市場で購入することも検討する意向を示したと述べ、「そうすれば、2018年と2020年の金利をより良くコントロールできるようになるだろう」と述べた。 …銀行。

売却は6月から始まり、第3・四半期までに完了すると予想した。

チー氏は、投資家は「第2四半期後半からの国債供給増加に向けてすでに十分な準備をしているはずだ」と述べた。 [second quarter]」と、上位24人の意思決定機関である中国政治局が4月下旬、景気刺激策の資金調達と需要喚起のため、こうしたセールを「できるだけ早く」開始すべきだと述べたことを受けて、

中国人民銀行は今年、長期債の混雑した取引のリスクについて繰り返し警告しており、今年債券を積み上げた小規模銀行は金利変動に対してより脆弱になり、シリコンバレー型の破綻につながる可能性がある。 。

価格と逆の動きをする30年中国債利回りは、昨年の3%超から大幅に低下した後、約2.5~2.6%とここ数十年で最低の水準に落ち着いた。

CITIC証券のチーフエコノミスト、ミンミン氏は、今後の債券発行は需要を満たすのに役立ち、長期利回りを緩やかに引き上げるという中銀の目標を支援する可能性が高いと述べた。

しかしCSPIの周氏は、他の投資可能な資産が不足すれば投資家がソブリン債の購入を続ける可能性があるため、債券売却後も利回りは「横ばい」にとどまる可能性があると述べた。

中央銀行、財政省、国家発展改革委員会はコメント要請に応じていない。

READ  クレイマー氏によると、株式市場は非常に脆弱であるため、前払金を使って現金を調達する