7月 18, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

中国の科学者が便器を再発明した可能性がある

中国の科学者が便器を再発明した可能性がある

中国の武漢にある華中科技大学の科学者たちは、非常に滑りやすく、何もくっつかない新しいタイプの便器を開発した。 新しい便器のデザインは、規模を拡大すれば最終的には磁器や陶器の便器に取って代わる可能性がある。

人類は何世紀にもわたってトイレとして磁器やセラミックに依存してきました。 この素材がすぐに完全に置き換えられることはなさそうですが、科学者らによる超滑りやすい便器が実用化されれば、私たちに信頼できる新しい素材が提供される可能性があります。

超滑りやすい便器は 3D プリント品としてデザインされ、ビデオでデモンストレーションされました。 新世界 ボウルに付着するものはほとんどないようです。 さらに興味深いことに、研究者らは、便器を数回使用し、サンドペーパーでこすった後でも、依然として滑りやすい状態であることを発見しました。

非常に滑りやすい便器を持つことの最大の利点の 1 つは、清潔さだけではありません。 便器に何も付着しなければ、このタイプの素材を使用すると、トイレを流すための水の使用量も削減できることがわかります。

研究者らはこれを耐摩耗性ウルトラスリップ水洗トイレ(ARSFT)と呼んでおり、複雑な液体や粘着性の固体を簡単に洗い流す素材を使用して作られています。 ただし、この種の材料は通常、機械的磨耗によって簡単に壊れることがあり、研究者らは2019年に発表した論文でそのことを指摘した。 先端工学材料

しかし、超滑りやすい便器の素材はサンドペーパーにも耐え、以前と同じ滑りやすさを維持できるという点で大きな成果です。 この種の素材が現在のトイレに置き換わる可能性は低いですが、科学者がこの特定の分野で何を達成できるかを見るのは興味深いことであり、彼らがこれをどこに持っていくのかを見るのは興味深いでしょう。

おそらく、将来のある時点でこの素材が月のトイレで使用されるのを見ることができるでしょう。

READ  Xbox シリーズ S は、この大きなサイバー マンデー ディールで最低価格に値下げされました - 価格が (おそらく) 上がる前に入手してください