11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

中国はまだワシントンの石油放出を約束しておらず、OPEC +は動いていない


ファイル写真:2019年10月15日、中国遼寧省大連で、中国石油天然気集団(CNBC)の大連石油化学公社の石油タンクの近くで発見された中国遠洋運輸会社(COSCO)の船。 ロイター/ストリンガー。

Yu Lun Tian、Ahmed Qadir、Olesya Astakova

北京/ロンドン/モスクワ/ワシントン(ロイター)-世界最大の原油輸入国である中国は、米国の要請に応じて石油を埋蔵量から解放する意図を確信していないが、OPECメーカーは戦術の変更を検討していない。 グループの3つの情報源によると、米国の行動。

火曜日に、米国大統領ジョー・バイデンの政権は、中国、日本、インドを含む他の主要な消費国と協力して、戦略的備蓄から数百万バレルの石油を放出する計画を発表しました。

米国は、市場融資を伴う事前承認済みの5,000万バレルの販売で準備金を解放するという大きな約束をしましたが、中国がなければ、この動きはそれほど劇的ではないと見なされます。

水曜日に、中国はそれ自身の予備の生産に取り組んでいると言いました。 先週の発表は、中国が独自のタイムラインで行動しているというロイターの報告を確認した。

火曜日に、バイデンは会議に中国が「もっとできる」と言った。 協調行動のうわさで原油価格は数日間下落しているが、火曜日の石油価格はワシントンが戦略的プレゼンスを利用したため3%上昇したが、市場における中国の意図は明確ではなかった。

3つの情報筋はロイター通信に対し、ワシントンの動きは、石油輸出国機構とその同盟国(共同でOPEC +として知られている)が、月に40万バレルの生産を増やすという現在の合意を一時停止することを検討するかもしれないという憶測を呼び起こす可能性があると語ったが、パネルはそれを考慮しなかった。

流行の初めに燃料需要は増加しましたが、今年も急上昇し、石油価格は高騰しました。 来年の議会選挙に先立って低い認識率に直面したバイデンは、OPEC +に不満​​を抱き、石油ポンプの追加を求める繰り返しの呼びかけを拒否しました。 米国の小売ガソリン価格は、過去1年間で60%以上上昇しており、2000年以来の最速です。

水曜日のブレント原油は6セント下落し、火曜日の1バレルあたり3.3%増の82.25ドルでした。 共同リリースの噂に至るまでの数日間で、この取引は10%減少しました。

リスタッドのシニア石油市場アナリスト、ルイーズ・ディクソン氏は、「市場は、SPRリリースの中間的な性質を信じているよりも石油備蓄を厳しく保つためにOPEC +に依存している」と述べた。

OPECの回答

サウジアラビアと湾岸とロシアの他の米国の同盟国を含むOPEC +は、それ以上の要求を拒否しました。 12月に政策について話し合う。 2で再参加します。 しかし、これまでのところ、コースを変更することについては言及されていません。

イラク石油相のイサン・アブドゥル・ジャバー氏は水曜日、同グループは石油市場のバランスが取れているかどうかを監視していると述べ、グループは依然として最新のデータを検討する必要があると付け加えた。

同グループは、生産量を徐々に増やすという合意の下で現在の目標を達成するのに苦労しており、コロナウイルスの症例の復活が必要性を減らすことを懸念している。

エネルギー価格を引き下げるためのアジアの主要経済国とのワシントンの努力は、今年これまでのところ原油価格を50%以上制御するというOPEC +への警告です。

これまで、多くの国からの予備の放出は、パリに本拠を置く監視機関である国際エネルギー機関(IEA)によって調整されてきました。 IEAは価格に影響を与えるために介入することはないが、機関の長は水曜日にいくつかの製造業者が供給を過度に制限していると言った。

IEAのFatihBirol氏は、「今日の市場における主要な株のいくつかは、合成と見なすことができます…主要メーカーであるOPEC +は、今日の石油市場で1日あたり600万バレルの予備生産能力を持っているからです。」 頭。

この計画では、米国は5,000万バレルを放出します。これは、国内需要の2-1 / 2日に相当します。 しかし、一部のアナリストは、米国の出版物の構造(事前に承認された売上高1800万バレルとクレジット3200万バレル)を非常に小さく一時的なものと呼びました。

ゴールドマンサックスは、宣言されたボリュームは「海の一滴」であると言いました。 [O/R]

当局は、米国が世界最大のアジアの石油消費者とそのような動きを調整したのはこれが初めてだと言います。 インドは500万バレルを放出し、日本は国の埋蔵量から数万キロリットルの石油を放出する予定です。 韓国はその計画について詳細を提供しなかった。

(北京のYu Lun Tian、ロンドンのAhmedKhadarとNovaBrowning、モスクワのOlesya Astakova、ワシントンのTimothyGardnerとAlexandraAlberによる追加レポート、David Goffenによる執筆、David Gregorioによる編集)

(C)特許トムソンロイター2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  Kovit-19の期間中の日本への旅行:行く前に知っておくべきこと