12月 4, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

中国は現在、日本の上司が誰であるかを示す会社を所有しています

日本は2010年を超えることはありませんでした。 何十年もの間アジア最大の経済であった経済は突然2位になりました。

それでも ガードを変更する 中国が日本を追い抜くという事実は、日本の1億2600万人に深刻な影響を及ぼしていると長い間予測されてきました。 現在、韓国と台湾が日本に勝利したことで、国民の誇りに対する新たな打撃が下がった。

日本経済研究センター、または JCER、韓国は2027年までに日本のGDPを上回り、台湾は2028年までにトップになると予想されています。 シンクタンクの第一人者である富山敦井氏は、日本の少子高齢化、生産性の低さ、デジタル化の受け入れの遅れを理由に挙げています。 5兆ドルの経済が戻ってきました。

しかし、これらすべてに銀色の裏打ちがあるかもしれません。それは、日本が主導権を守るために経済ゲームを後押しするための行動を起こす動機となるでしょう。

2010年に中国を超えると東京と呼ばれる目覚めにつながると多くの人が信じていたのは事実です。 残念ながら、そうではありません。

間違いなく、アジアの最も先進的な経済がその学生によって良くなったというニュース-中国は2012年から2020年に安倍晋三が首相になる道を開いた。 怪我に侮辱を加えるために、中国は東京の開発戦略からそれをしました。

安倍首相は質権を獲得した 供給側改革革命 労働市場を近代化し、イノベーションと生産性を高め、官僚主義を減らします。 代わりに、彼は銀行の仕事を日本に外注し、中央銀行に成長を後押しするよう促した。

安倍首相が改革派の帽子をかぶったとき、それは株式と不動産の裕福な所有者を豊かにすることでした。 平均賃金は停滞し、日本の開発モデルである韓国と台湾の学生が教師を紹介するための舞台を整えました。

JCERのSpookの現首相岸田文雄のような予測は機能しますか? 時が経てばわかるが、岸田はすでに計画を発表している。新しい資本主義「それはGDPの略奪を中産階級と下層階級に戻します。 または岸田が言うように、「成長と分配の好循環」。

安倍首相は、1980年代スタイルの「トリクルダウン経済学」で別の試みをしたロナルド・レーガンの道を進んだ。 岸田文雄は、税制優遇措置や規制上の優遇措置を通じて、企業が労働者と利益を共有することを奨励したいと考えています。 彼は、ゲームを変えるテクノロジーを開発するための新しい研究開発コストで、CEOが再び大きなリスクを冒すことを奨励したいと考えています。

最近、韓国のサムスン電子。 そして台湾のHonHai Precision Industry Co. 日本株式会社です。 彼らは彼らがしたように世界経済を不安定にしている。 韓国も台湾も、日本よりも急いでデジタル化を受け入れています。 どちらの経済も、より大きく、より先進的な隣国よりも早く技術系スタートアップを適応させています。

中断がないことは、JCERがそう考える理由を説明するのに役立ちます 日本のGDP 2027年の一人当たりの収入は韓国の46,519ドルと比較して45,607ドルになります。 同社は、日本の46,443ドルと比較して、台湾は2028年までに47,305ドルに達すると見ています。

この結果は、ある程度高い経済成長についてのものになるでしょう。 日本では、2035年までに年平均2%の拡大が見込まれます。これは、韓国と台湾で予想される4%の半分以上です。 それは政府レベルでのポリシーミックスについてです。

安倍首相が辞任する2020年末までに、日本の個人GDPは急落するだろう。 約40,000ドル、韓国より約25%高く、台湾より42%高い。

日本の賃金上昇を抑制することは、困難で、年功序列に基づいた、リスクのない労働慣行の結果である生産性の低さです。 そして、状況が変化している間、日本の厳格な移民制度と貧弱な英語能力は、Covid-19の有無にかかわらず、外国人の才能を引き付けることを困難にしています。

JCERの最新の数字は、中国に関する限り、日本にいくらかの安心を提供します。 シンクタンクは、2021年半ばまでに、中国が2028年までに米国経済を追い抜くと予測しています。 その日に遅れがありました。 2033年まで 習近平大統領の懲戒弾圧は、中国の長い道のりを高めます。

北京が中国の技術やその他の主要産業からカーペットを引き抜くにつれて、日本はそれが成熟した持続可能な大国であることを世界に思い出させるためのスペースを作り出しています。 岸田が頭がいいなら、この瞬間を利用して、彼の「新しい資本家」構造への支持を集めます。

結局のところ、時間は東京の側ではありません オミグロンのリスク クラウド2022の概要。 韓国と台湾は、中国とともに、かつてこの地域の最大の経済を上回ります。 岸田文雄議員は月曜日の就任演説で、春に改革案を確認すると述べた。

岸田は待つべきではない その長さ。 彼は、キャピタルゲイン税と株式買戻しに関する政策に関する当初の見解についてすでに混乱しています。 かつてアジアで日本の模範的な経済を生み出した革新的な感情を復活させるために、岸田は明確な地図で2022年に着手する必要があります。

中国、韓国、台湾、その他のアジアの開発者は、東京が深淵を取り戻すのを待っているようなものではありません。

READ  ギャラリーオーナーのボデガが湾に日本の小さな部分を再現