1月 19, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

中国人は日本のソフトウェアを不正に購入しようとしている疑いがあります

コミュニティ


東京、12月 28(Gigi Press)-東京警察は、中国人民解放軍の兵士の妻の指示に基づいて日本のウイルス対策ソフトウェアを不正に購入した疑いで、中国からの元学生の逮捕を命じた。 死因審問で知人は言った。

情報筋によると、警視庁はインターポールに、36歳の容疑者であるワン・ジャンビン氏がすでに中国に帰国しているため、彼の指名手配リストに追加するよう要請する予定だという。

王は、2016年11月に日本製の商用アプリケーションウイルス対策ソフトウェアの購入を申請するために偽の情報を使用した疑いがあります。 情報筋によると、売り手は疑惑のために申請を拒否した。

人民解放軍の兵士は、サイバー攻撃を専門とするユニット61419のメンバーであったと考えられています。 情報筋によると、このソフトウェアの購入は、日本企業のシステムの脆弱性を検出することを目的としていたという。

王の疑わしい関与は、2016年に日本宇宙機関を含む日本企業に対するサイバー攻撃の調査中に明らかになりました。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

ジジプレス

READ  日本のコンビニエンスストアローソンは、新年ごとに半額で「ホットミルク」の販売を禁止しています