4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

京都・法然院の中に隠れた珍しい日本庭園/ベンペン

京都・法然院の中に隠れた珍しい日本庭園/ベンペン

法然院のマーク・ピーター・キーン作「空の川」。

特徴的なストロークが優雅に展開され、深い黒が紙の純粋な白と対照を成し、 ハリ川 そのコースは京都の法然院の境内にあります。 アメリカの造園家マーク ピーター キーンが設計したこの日本庭園は、年に 2 回、寺院の公開週間にのみ入場でき、通常は内部は一般公開されていません。

法然院は、阿弥陀仏を崇敬する日本の浄土宗の創始者である同名の僧侶を祀っています。 京都の哲学の道の高地に位置するこの寺院は、過去数十年にわたり、高僧梶田信照の指導の下、現代美術の促進で評判を高めてきました。 毎年、その敷地内でアート作品やその他の芸術的表現が開催されます。

2023年3月、家族とともにこの寺に住む梶田真祥さんは、長年京都に住んでいるマーク・ピーター・キーンさんにプライベートパティオの設計を打診した。 当時、そこには古い椿が3本だけ残っており、それが造園家の構図の出発点となった。

芸術と自然の融合

と題されたこのプロジェクトでは、 ハリ川, キーンは炭素循環からインスピレーションを得ながら、仏教の空の概念を表現することにしました。 この要素は、集合的に「自然」として知られる万物間の相互作用を表します。 炭素は植物によって空気から捕捉され、昆虫によって消費され、さらに動物によって消費され、動物は呼吸によって炭素を空気に戻します。

キーン氏は、このサイクルを純粋な炭素の川と表現しています。 彼は最初、茶色と白の砂利の中の椿の根の間の川の流れをたどりました。 その後、川岸を小さな泥炭の棒で埋めて、砂利とのはっきりとしたコントラストを作り出しました。

日本庭園は一見シンプルに見えますが、複雑な反映と激しい感情を呼び起こす生々しい美しさがあり、4月になると別の次元に変化します。 色鮮やかな椿の花びらが床一面に広がり、アートと自然の出会いを思わせる素晴らしい風景が広がります。 幸いなことに、この場面は、法然院が訪問者に扉を開く2つの期間のうちの1つに展開されます。 4月の第1週と11月の第3週には、 ハリ川 希少な地形が明らかになり、その希少性は非常に貴重です。

マーク ピーター キーンの数多くの作品を鑑賞 彼のウェブサイトでインスタグラムアカウント そして Facebookのページ

法然院のマーク・ピーター・キーン作「空の川」。

マーク・ピーター・キーンは法然院に「空の川」を制作。

マーク・ピーター・キーンは法然院に「空の川」を制作。 ニューヨーク・タイムズ紙の@AFaulkPhotoによる写真。

法然院のマーク・ピーター・キーン作「空の川」。

法然院の有名な茅葺門。

門から見える景色は「ピグサダン」と呼ばれる砂丘です。

法然院の建物と「空の川」のある中庭の眺め。

READ  ハリケーンナバルドックは7月27日に日本の本島で地滑りを引き起こす可能性があります