5月 30, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

今日のスカイマスターズで優勝したポルトガル、ブラジル、日本がランキングのトップに立っている。

アナ・ソウザは O40 競技会で銀メダルを獲得し、ポルトガルのメダル数を 15 個に増やしました。 ©ダミアーノ・ベネデット写真

第2版マスターズ スカイランニング世界選手権 見た国 ポルトガル メダル獲得数で1位、2位に ハンガリー そして ブラジル

と呼ばれる小さな町 ヴァウセラ セントラルポルトガルでは 2 つのマスターズイベントが開催されました – 今日の 規律、 ゼラ スカイレース®長さ37km 難しくて技術的な機能 2,500mの垂直登攀そして昨日 シルトラゼラウルトラマラソン55km 長さ 3,600m 清らかな空に昇る。

全体、 20カ国 参加して戦った 世界タイトル この メダル51枚 全体が危険にさらされている 4つの年齢区分。 の 上位3名は40名以上の男女アスリート お持ち帰りイベントごとに一線を越える 世界タイトル そして メダルいつ 公式グループ 貯まったポイント 国別ランキング どこ ポルトガル ブラジル そして 日本 上がってきました。

女子 O40 表彰台 金 エルジェベト・プロコップ (HUN)、アナ・ソウザ (POR)、イヴァニア・ランボー (BRA)、銅。 ©ダミアーノ・ベネデット写真

ポルトガル 安全です メダル15個が好評 両方のイベントにわたって。 ジョアン・ルイス・キロス社長 ISFポルトガル、FCMPのメンバーコメント、 “すべてのアスリートと代表チーム、ヴセラ市の特別な支援を受けてイベントを立ち上げた地元組織、そしてもちろんマスターズチャンピオンシップをゼラウルトラマラソンに割り当てたISFに感謝します。 ポルトガルチームは、より大きなチームと戦う特別な機会を得たので、素晴らしいメダルを獲得する絶好の機会でした。

日本の山本竜二 本日の O55 カテゴリのトップ 10 フィニッシュ者、「昨年は銅メダルにかなり近かったのですが、今年は銅メダルを獲得することができました。 注目すべきは、非常にテクニカルな地形にもかかわらず、イベントに参加した9人のランナー全員がレースを完走したことです。 メダル獲得だけでなく、日本選手のレベルの高さを証明できたことを大変誇りに思います。彼のチームメイト、 内田雅乃彼は65歳でレースを完走した最高齢の選手となった。

SKYのベテラン選手である日本の内田正乃選手が母国のために銅メダルを獲得した。 ©ダミアーノ・ベネデット写真

出場するトップアスリートの中には、 アンナ・ストラコワ50 から チェ共和国彼はもう一つを家に持ち帰りました 金メダル O50セグメント内。 「マスターズ部門で2つ目のメダルを獲得できてとてもうれしいです。 去年とは全然違うけど、違うレースをしたいです。 ここポルトガルでは、岩がたくさんあり、とても暑く、川を渡らなければならず、泥だらけでした…大変でしたが、楽しかったです!」 O55部門はあと50個、金メダル2個、あと4年残っている。 」すべては私の健康次第ですが、できる限り頑張ります! 彼女は終えた。

チェコ共和国のアンナ・ストラコワ選手がマスターズ O50 トーナメントで 2 つ目の金メダルを獲得しました。 ©ダミアーノ・ベネデット写真

公式グループ
オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ボリビア、ブラジル、ブルガリア、チリ、チェコ共和国、グアテマラ、ハンガリー、日本、モンゴル、モンテネグロ、ペルー、ポルトガル、ルーマニア、セルビア、英国、ベネズエラ。

あなたもあなたの国も老いていきますが、常に空に手を伸ばすことがメダルを獲得する最良の方法です。 ご了承ください 2025年マスターズチャンピオンシップ またメダルシャワーがあります。

マスターズ スカイランニング世界選手権 イベントは両方によって監視されていました 国際的 そして 国内審判員

マスターズ スカイランニング世界選手権 SKY
個人のメダル数
メンズO40
– カルロス・シプレス (ESP)
金曜日 – フランシスコ牧師 (ESP)
ブロンズ – ルカ・アリゴーニ (ITA)

ウィメンズO40
– エルジェベト・プロコップ (HUN)
金曜日 – アナ・ソウザ (POR)
ブロンズ – イヴァニア ランボー (BRA)

メンズO45
– アメリコ カルデラ (POR)
金曜日 – イワン・デジェロ (ESP)
ブロンズ – ヌーノ・セラータ (POR)

ウィメンズ O45
– クリスティーナ・ラミレス (ESP)
金曜日 – ポーラ・バルボーサ (POR)
ブロンズ – オリビア・ソーサ (POR)

メンズO50
– エリオ・アヴィロ (POR)
金曜日 – フランシスコ・ボンバレリ (ESP)
ブロンズ – マルコリーノ・ヴェリシモ (POR)

レディース O50
– アンナ・ストラコワ (CZE)
金曜日 – アンジェリカ・エクルズ (ITA)
ブロンズ – アナ・ナシメント (POR)

メンズ O55
– マーカス・ストック (AUT)
金曜日 – ピエトレ・ドラゴミル (ROU)
ブロンズ – アメリコ・ペレイラ (POR)

ウィメンズ O55
– エイドリアン・クラウセン (BRA)
金曜日 – シダリア・マルティンス (POR)
ブロンズ – マリア・シルバ (BRA)

Zela SkyRace® の結果

メダルの数

スカイウルトラニュース

より詳しい情報

競馬サイト

READ  日本の原子力規制庁が福島の核汚染水放出システムに関する調査を完了したと新華社が報じた。