7月 17, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

今日の株式市場: ウォール街の株価下落、S&P 500 の 3 週間の連勝記録がストップ

今日の株式市場: ウォール街の株価下落、S&P 500 の 3 週間の連勝記録がストップ

ウォール街の株価は序盤の上昇を諦め、金曜日には値を下げて取引を終え、S&P500種の3週間の連勝記録が止まった。

終盤に売りが殺到し、ベンチマーク指数は0.4%下落し、今週では損失を計上した。 ナスダック総合指数は0.7%下落し、ダウ工業株30種平均は0.1%下落して今週の取引を終えた。

マイナスの結末にもかかわらず、S&P 500とナスダックは依然として歴史的高値付近にある。

市場の記録的な上昇で最大の勝者となった大手テクノロジー企業の株価下落が相場の重しとなった。 アップル株は1.6%安、マイクロソフト株は1.3%安、メタプラットフォーム株は3%安で取引を終えた。

ベアードの投資ストラテジスト、ロス・メイフィールド氏は、午後遅くの下落は、市場が過去最高値に近づいていることを受けてトレーダーが利益確定していること、あるいは第2四半期が終わりに近づいていることでポートフォリオのバランスを再調整していることを反映している可能性があると述べた。

「今日、特にすでに上場している企業からの利食いがあったとしても、私は全く驚かない。それが、他の市場と比べて大手ハイテク企業のさらなる弱さが見られる理由かもしれない。 」とメイフィールドは言った。

注目のレポートが示した後、市場は早い段階で上昇に向かいました… インフレは低下し続ける。 投資家は、インフレの鈍化により、20年以上で最高水準にあるFRBが利下げを開始することを期待している。

最新の個人消費支出指数によると、5月の消費者物価は前年比​​2.6%上昇した。 これは、4月の2.7%という数字から引き続き緩和が続いていることを示しており、2年前の最高値である7.1%を大きく下回っている。

LPLファイナンシャルのチーフ・グローバル・ストラテジスト、クインシー・クロスビー氏は「正しい方向に進んでおり、FRBが利下げの決定を下すにはそれが必要だ」と述べた。

個人消費支出指数はFRBが推奨するインフレ指標であり、市場や借り手への圧力緩和につながる金利低下を期待するエコノミストや投資家にとって、最新の指標は心強いものだ。 ウォール街はFRBが9月会合で利下げを開始することに賭けている。

債券市場では、最近のインフレ緩和の兆しを受けて米国債利回りは当初下落したが、上昇した。 住宅ローンやその他の消費者ローンの金利に影響を与える10年物財務省証券の利回りは、個人消費支出統計直前の4.30%から4.38%に上昇した。 FRBの政策に対する期待を厳密に反映する2年米国債利回りは、統計発表直前の4.72%から4.74%に上昇した。

米連邦準備理事会(FRB)はインフレ率を目標水準の2%に抑えるため、金利を過去20年以上で最高水準に引き上げた。 有名な消費者物価指数を含む他のインフレ指標も、物価への圧力が緩和され始めていることを裏付けています。

ピークから大幅に低下したにもかかわらず、消費者は依然としてインフレによる圧力を感じており、最近のデータは支出が弱まり、経済成長の重しになっている事を示している。 FRBの目標は、インフレを落ち着かせる程度に経済成長を減速させることであったが、経済が景気後退に陥るほどではなかった。

クロスビー氏は「インフレ率の低下と消費者の支出パターンに対する慎重化という組み合わせにより、市場は9月の利下げの可能性を認識できるようになる」と述べた。

堅調な労働市場も経済成長を牽引する大きな要因となっているが、この市場には弱まりの兆しも見られる。 ウォール街には来週、求人、失業、雇用に関する最新情報が届く予定だ。

ナイキの株価は20%下落し、スポーツシューズ・アパレル企業がウォール街が設定した収益目標を達成できず、通年の売上予想を下方修正したことを受け、スタンダード&プアーズ500銘柄の中で最大の下落率を記録した。 同社幹部らは、「厳しい」環境を理由に、今会計年度の売上高が一桁減少すると予想していると述べた。

ナイキの暗い見通しは他のスポーツウェア企業の足を引っ張っている。 フットロッカー株は2.4%下落、スケッチャーズ株は1%下落、アンダーアーマー株は2.6%下落した。

消費支出の減速を懸念する小売業者、特に高級品を中心とする小売業者が増えている。 最新の政府小売売上高報告書によると、消費者は4月に比べて5月の支出が増えなかった。

金融株の上昇がS&P総合500種の下落を抑え、JPモルガン・チェースは1.6%高、ウェルズ・ファーゴは3.4%高で取引を終えた。

S&P 500 は 6 月の最終取引日を月内 3.5% 上昇して終了しました。 同指数は年初から約14.5%上昇している。

ナスダックは同月に約6%上昇し、今年は18.1%上昇した。

合計では、S&P 500指数は22.39ポイント下落して5,460.48となった。 ダウジョーンズ指数は45.20ポイント下落し、39,118.86ポイントとなった。 ナスダック指数は126.08ポイント下落し、17,732.60ポイントで取引を終えた。

___

AP通信のライター、ユリ・カジヤマ氏とマット・オット氏がこのレポートに寄稿した。

READ  米国のチップ産業を活性化するための推進の背後にある億万長者