7月 17, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

今永昇太とカブスが契約合意(情報筋)

今永昇太とカブスが契約合意(情報筋)

カブスはオフシーズン最初の大きな動きをしており、日本の左腕今永昇太との契約に合意しているが、メディカルレビュー待ちであると情報筋が火曜日の夜、MLBネットワーク内部関係者ジョン・ポール・モロシに語った。 クラブはこの動きを認めていない。

シカゴはクレイグ・カウンセルコーチを雇わずに静かな冬を過ごしていたが、今永との契約によりローテーションの最前線のスターターが与えられた。 このサウスポーは、日本プロ野球で9シーズンを過ごした後、2022年にカブスに来たチームメイトの鈴木誠也に加わる。

今永は横浜DeNAベイスターズにドラフト指名され、NPBで8シーズンを過ごした後、メジャーリーグベースボールへのチャンスを求める機会を得た。 投稿期間の締め切りは木曜午後5時(東部標準時)に終了する予定。

今永は同郷の山本由伸ほどの誇大宣伝を受けていないが、30歳の左腕はそれ自体が印象的な投手であり、メジャーで2位か3位の可能性のある選手として浮上している。

90年代半ばの速球、スプリッター、スライダー、カーブボールを特徴とする4球の組み合わせを使い、今永はNPBキャリアで1,002回2/3を投げて防御率3.18を記録した。

その中には、2020年の東京オリンピック欠場を余儀なくされた2020年の左肩手術後のリハビリ期間中、過去2シーズンで291回2/3イニングで防御率2.53、306奪三振を記録したことも含まれる。

MLB ファンは、2023 年ワールド ベースボール クラシックで母国代表として投げた今永選手を間近で見ました。プール戦の韓国戦と準々決勝のイタリア戦で力強いパフォーマンスを見せた後、今永選手はチーム USA との試合で先発出場し、金メダルを獲得しました。 。

READ  ビッグ 12 は、テキサスとオクラホマを含む 2023-24 シーズンの 14 チームのサッカー スケジューリング モデルを最終決定します