7月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

任天堂は「Tears of the Kingdom」DLCを除外し、まったく新しい「ゼルダの伝説」ゲームに移行中

任天堂は「Tears of the Kingdom」DLCを除外し、まったく新しい「ゼルダの伝説」ゲームに移行中

任天堂は、『ゼルダの伝説 涙の王国』のダウンロードコンテンツをリリースする予定はなく、シリーズの完全に新しいゲームに移行すると述べた。

とのインタビューで ファミ通『ゼルダの伝説 涙の王国』プロデューサーの青沼英二氏は、Nintendo Switch限定の追加コンテンツの可能性を否定した。

「今回追加コンテンツをリリースする予定はありませんが、この世界で楽しいものを作るために私たちができることはすべてやったと感じているからです」と青沼氏は言いました。

『ティアーズ オブ ザ キングダム』が批評的にも商業的にも大成功を収めたことを考えると、これは驚くべき決定だ。 発売からわずか1カ月半の6月30日時点で1,851万個を販売した。 これは前作『ブレス オブ ザ ワイルド』の総売上高 3,065 万本の半分以上に相当します。

『ブレス オブ ザ ワイルド』がマスター モード、ヒーローズ パス モード、新しいエクスペリエンスやアイテムなどを追加する拡張パスの形で DLC を受け取ったということを考えると、これも驚くべきことです。 IGNは任天堂に説明を求めた。

ファミ通のインタビューでのコメントによると、任天堂は現在、DLC「Tears of the Kingdom」ではなく、次の「ゼルダ」ゲームについて考えているようだ。 ただし、青沼氏は『ブレス オブ ザ ワイルド』と『ティアーズ オブ ザ キングダム』のハイラルに戻る可能性を排除しておらず、第 3 作が開発される可能性もあります。

「前作の続編にしようと思った一番の理由は、このハイラルを舞台に新しいゲームに挑戦する価値があると思ったからです」と青沼氏は語る。 「そうなると、また新たな理由が出てきたら、また同じ世界に戻るかもしれません。続編でも新作でも、全く新しいゲームになると思いますので、楽しみにしていていただければと思います。」

ディレクターの藤林秀丸氏も「多くのお客様に長く、深く『ティアーズ オブ ザ キングダム』を遊んでいただいていることに大変感謝しております。次回作もより楽しんでいただけるよう全力で取り組んでまいります」とコメントを寄せた。

IGN の『ゼルダの伝説 涙の王国』レビューでは、このゲームに 10/10 の評価を与え、傑作であると宣言しました。 「『ゼルダの伝説 涙の王国』は計り知れない続編であり、すでに充実していると感じられる世界を期待を超えて拡張し、これまで以上にハードルを引き上げています。」と私たちは言いました。

Wesley は IGN の英国ニュース編集者です。 Twitter では @wyp100 で彼を見つけることができます。 Wesley には wesley_yinpoole@ign.com で連絡するか、内密に wyp100@proton.me で連絡することができます。

READ  Twitterの「新しい」Tweetdeckは検証済みのペイウォールの内側にある