11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

住友金属鉱山は年間利益を2倍にする


ファイル:住友金属鉱山のロゴは、2018年9月13日に東京の本社で撮影されました。 ロイター/清水律子/ファイル写真

東京(ロイター)-日本の住友金属鉱山は、銅とニッケルの価格の上昇とチリのシエラコルダ銅山の株式の売却により、月曜日の年間利益率を2倍にした。

日本の鉱夫・製錬所は、3月31日の5月の予想で純利益の見積もりを1,040億円から2,140億円(19億ドル)に引き上げ、Refinitivによる平均予想1,490億円をまとめた。

電気や建設に広く使用されている金属の需要が流行による下落から回復するにつれて、銅の価格は今年史上最高値に上昇し、ステンレス鋼を使用するバッテリーに使用されるニッケルの価格も上昇しました。電気自動車。 2014年以来最高です。

これに応じて、住友金属は5月の推定価格を7,800ドルに引き上げ、ニッケルの推定価格を銅1トンあたり7ドルから8.14ドルに、年間9,071ドルで引き上げました。

住友金属の金山隆弘専務理事は記者会見で、「対ドル円安などの市場要因が上方修正の背後にある」と述べた。

住友商事と住友商事は先月、オーストラリアの鉱夫サウス32への純債務決済を含め、シエラコルダの株式を15億5000万ドルで売却することに合意した。

住友金属は、この取引が年間利益に700億円貢献すると述べた。

4〜9月の純利益は、前年の175億円から1,138億円に増加した。

銅資産に関しては、シエラ・コルダの損失は、チリでのCubrata Blanca 2プロジェクトによって相殺されます。このプロジェクトでは、25%の株式を保有し、来年生産を開始する予定です。

($ 1 = 113.3500円)

(大林組による報告、ルイ・ヘブンスによる編集)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  日本では反原発PMのベッドでグリーンエネルギーストックが増加