6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

体操日本代表チームはパリでも常に強い、メダリストのカヤ |  WTAQ ニュース トーク |  97.5 FM · 1360 AM

体操日本代表チームはパリでも常に強い、メダリストのカヤ | WTAQ ニュース トーク | 97.5 FM · 1360 AM

キム・サンロン著

[ロイター] – 東京五輪メダリストの賀屋一馬氏は、日本は2024年パリ大会に最強の男子体操チームを編成する予定で、その唯一の目標は団体タイトルを獲得し、前回大会での銀メダルを上回ることだと語った。

萱は日曜日のNHK杯トーナメントで2位となり、パリで男子個人総合優勝者の橋本大樹に加わる日本人男女9名を決定した。

昨年10月に橋本とともに世界選手権で金メダルを獲得した27歳のカヤは、「まだ小さなミスがいくつかあったし、オリンピックで金メダルを獲得するにはもっと練習が必要だろう」と語った。

「体操を始めた時からオリンピックで金メダルを目指して頑張ってきました。 1インチも変わっていない」と彼は言った。

「我々は史上最強の日本チームを作るつもりだ」と彼は言った。これは、日本が団体競技においてオリンピックで7つの記録的な金メダルを獲得していることを考えると、他のどの国よりも大胆な発言だ。

NHK杯男子個人総合の優勝は、初のオリンピック出場となる20歳の大賀慎之介選手が獲得した。

高木次野選手と東京銀メダリストの谷川航選手がメンバー入りする。

オリンピックタイトル防衛を目指す橋本は、先週のトレーニング中に指を負傷し、高崎でのNHK杯を棄権した。

女子では前日、19歳の宮田翔子がNHK杯3連覇でパリ出場権を獲得した。

「満足のいくパフォーマンスを期待していたけど、それはパリに任せる」と彼女は語り、大会前に負傷の懸念を抱えながら出場したことを認めた。

「(パリに向かうまでに)良い年も悪い年もあったが、今年は間違いなく良い年になるようにする」。

岸里奈、岡村真奈、中村遥、牛奥こはねが出演する。 5人の若者全員が初めてのオリンピックに出場することになる。

体操競技は、7 月 27 日から 8 月 5 日まで開催される夏季大会で最も人気のある競技の 1 つです。

(取材:キム・チャンロン、編集:リンカーン・フィースト)

READ  日本の政府のテスト官僚は帰国した市民を罠にかけます