5月 18, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

何十年にもわたる安定した給与の後、一部の日本企業は有能な従業員を維持するために給与を上げています。

  • 2020年の日本の平均給与は38,515ドルで、OECD平均は49,165ドルです。
  • 春の労働交渉は、残りの経済のペースを設定します
  • 多くの企業が現在、業績ベースの給与に目を向けています

東京、3月1日(ロイター)-過去5年間横浜に拠点を置くレーザーテック株式会社 (6920.D) Japan Inc.は、何十年にもわたって提供していなかったもの、つまり大幅な昇給を提供してきました。

チップ測定器のメーカーは、2016年以来、給与を全体の3分の1に引き上げました。 コアセグメントの従業員、その多くはエンジニアで、平均1400万円(121.00ドル)で、全国平均の3倍です。 430万円。

Lasertecは、日本企業のサブグループの1つであり、多くの場合、テクノロジーなどの専門分野で、賃金は従業員の業績にますます結び付けられており、年功序列や年次労働交渉によって決定される基本給によって決定されません。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

専門家によると、より多くの企業が業績ベースの賃金を選択するようになっているため、大手メーカーと労働組合の間の「春道」春の賃金交渉は、経済にとって非常に重要です。 。 (クリックして詳細を読み、「春闘」の話を説明してください)

「私たちのような企業にとって、従業員はコストではなく貴重な資産です」と、レーザーテックのシニアエグゼクティブである三沢雄太郎は言いました。

魅力的な賃金は、特に日本の労働危機を考慮して、研究開発を専門とする熟練したエンジニアを維持することを容易にする、と三沢は言った。

しかし、世界第3位の経済の大部分では、賃金は低くなっています。 何十年にもわたるデフレのおかげで、Familiesのような企業はお金を使う代わりにお金を蓄える傾向があります。 日本企業は現在、2.8兆ドルの現金と預金を保有しています。

ドルベースでは、2020年の日本の平均年収は38,515ドルで、OECD平均の49,165ドルを大きく下回り、1990年代初頭からわずかに修正されました。

より高い賃金は、安定した2%のインフレという政府の目標の鍵です。 岸田文雄首相は、「新資本主義」の綱領の一環として、富の共有を促進するために、企業に賃金を引き上げ、好循環を開始するよう求めた。

後ろ向き?

再生可能エネルギースタートアップアプライアンス株式会社 (3856.D) 日本は過去3年間、暫定幹部を積極的に採用しており、平均給与を30%以上引き上げています。 現地および外国人を問わず、日本で約100人の従業員が平均700万円以上を稼いでいます。

「世界中から才能のある人材を確保することは、企業の成長にとって不可欠です」と上級幹部の川内雄一氏は述べています。 「私たちが物事をそのままにして、日本を魅力的な職場として見せることができなければ、日本は世界に遅れをとることになります。」

もちろん、ボーナスの秋には業績連動型の給与が減額される可能性があります。これは、安定性を贈る多くの日本人労働者にとってオタクな機会です。 組合は通常、恒久的な基本給の引き上げを求めている。

最近のロイター企業調査によると、ほとんどの企業は今年の春の労働交渉で基本給を引き上げる予定はない。 調査によると、過半数の過半数が、一時的なボーナスを含む総賃金の引き上げを期待している。

アナリストによると、これは最近の商品価格の急激な上昇に追いつくのに十分ではなく、家計の購買力を低下させているという。 続きを読む

子育て

山田諮問委員会へ (4792.d)これは中小企業のリストラに役立ち、魅力的な賃金と福利厚生は従業員への嫌がらせを防ぐはずだと増田圭作社長は語った。

コンサルティング会社は、子育てを奨励するために従業員がより短い時間働くことを許可しています。

増田氏は、「優秀な労働者をめぐる激しい競争に直面している。賃金の大幅な引き上げと労働条件の改善により、密猟を防いでいる」と語った。

2020年は平均19%、昨年は5%の賃金上昇を遂げ、現在、平均的な従業員の収入は920万円。

リクルート・ホールディングスの高田裕也研究員は、日本の労働交渉は、最終的には基本給の着実な引き上げから、労働者の市場価値を反映した柔軟な賃金へと移行すると述べた。

トヨタ自動車も (7203.d)春は労働交渉の長期的なペースを決定し、基本賃金の詳細の公表を停止しました。これは、労働交渉の重要性が徐々に低下していることを浮き彫りにしています。

高田採用は、年配制の賃金は過去のものになるだろうと語った。

「これにより、年次式典での基本給の引き上げのために経営陣と組合が戦う方法の重要性が低下するだろう。」

($ 1 = 115.4800円)

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

田中哲司による報告; DavidDolanとMuralikumarAnandaramanによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  海上保安庁「ダイバーカレー」の大公共飢餓ビル