4月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

保守党は人種に関して何の問題もないと政府閣僚が語る

保守党は人種に関して何の問題もないと政府閣僚が語る

  • サム・フランシス著
  • BBCニュースの政治特派員

動画解説、

注目:マーク・ハーパーは、保守党には「人種問題はない」と述べている。

政府高官は、人種差別で告発された寄付者から少なくとも1000万ポンドを受け取った後、保守党が人種問題に問題があると否定した。

マーク・ハーパー運輸長官はBBCに対し、自分は「これまでで最も民族的に多様な政府」にいると語った。

ハーパー氏は、党は「人種に関係なく」党員を歓迎すると述べた。

寄付者のフランク・ヘスター氏は、元労働党議員ダイアン・アボット氏のせいで「すべての黒人女性を憎む」ようになり、彼女は「撃たれるべきだ」と述べ、謝罪した。

ハーパー氏はまた、保守党がヘスター氏から追加の500万ポンドを受け取ったとの報道についてはコメントを控えており、これによりヘスター氏の党への寄付総額は1年足らずで1500万ポンドに達することになる。

同氏はBBCの「サンデー・ウィズ・ローラ・クエンスバーグ」番組で、党への資金提供には関与していないとしながらも、「将来的に寄付があれば、通常の方法で発表されるだろう」と語った。

「首相が今週述べたように、我々はアジア初の英国首相が誇りを持って率いる政党だ」と付け加えた。

現在の政府は「これまでで最も民族的に多様な政府」だと述べた。

さらに「私たちは、背景や人種を問わず、私たちの価値観や政治へのアプローチを共有してくれるなら、英国全土からの人々を歓迎する政党だ」と付け加えた。

ハーパー氏はヘスター氏の謝罪を「受け入れなければならない」と述べた。

しかし、ダウニング街の元顧問サミュエル・カスム氏は、ハーパー氏の主張には失望したと述べた。

カスム氏は、「史上最も多様な政府」を持つことは、人種問題に関して「脱獄カード」ではないと述べた。

ボリス・ジョンソンの元顧問は、人種差別に関する報告書をめぐって相次ぎ政権を辞任して以来、保守党の人種問題への取り組みを頻繁に批判してきた。

マーティン・ルーサー・キング牧師の言葉を借りて、カスム氏はこう述べた。「人種差別や差別に立ち向かい、地域社会を団結させる上で重要なのは肌の色ではない。重要なのはあなたの性格の内容と、リーダーシップを発揮する意欲であるべきだ。」

インド出身の元内務大臣カスム氏は、「最も意見を対立させている政治家の中には、スエラ・ブレイバーマンのような人もいる」と付け加えた。

ガーディアン紙が報じている そのヘスター氏は2019年に自社の本社での会議中に、別の組織の女性幹部を批判しながらアボット氏についてコメントした。

同紙の報道によると、彼は続けてこう言った、「それは人種差別主義者にならないようにしようとしているようなものだが、ダイアン・アボットをテレビで見ると、あなたも私が嫌いなように、黒人女性全員を憎みたいだけだ、彼女がそこにいるから、そして、私は黒人女性全員が嫌いなわけではありませんが、彼女は射殺されるべきだと思います。

IT幹部のヘスター氏は、アボット氏について「失礼な」コメントをしたことを謝罪したが、そのコメントは「彼女の性別や肌の色とは何の関係もない」と述べた。

ソーシャルメディアの共有、 ヘスター氏は後に「人種差別を憎む」と述べ、人種差別は「公の生活に居場所のない毒」だと述べた。

ガーディアン紙の調査はヘスター氏に対する一週間にわたる政治的反発につながり、アボット氏を政治における人種差別に関する議論の中心に押し込んだ。

現在無所属議員を務めるアボット氏は記事の中で、保守党と労働党の両党内の人種差別を批判した。

彼女は、ルワンダ政府の強制送還計画は、次の選挙が近づくにつれて政府が「出馬カード」を切るつもりであることを示していると述べた。 アボット氏はまた、「政治における人種差別は特定の政党だけの問題ではない」と労働党を批判した。

ハックニー・ノースとストーク・ニューイントンの労働党議員は、アイルランド人、ユダヤ人、旅行者は「生涯を通じて」人種差別を経験していないとオブザーバー紙に書いた後、昨年4月に労働党によって停職処分を受けた。 彼女は後に発言を撤回し、「苦痛を与えたことについて」謝罪した。

動画解説、

動画: アボットは 46 回も立ち上がって講演者の注意を引こうとした

元労働党副党首ハリエット・ハーマン氏は番組に対し、ハーパー氏のコメントは依然として「問題」が存在することを証明していると語った。

「黒人と女性が政治に名乗り出たとはいえ、依然として大きな反発があり、それが人々が直面していることを認識する必要がある」と彼女は語った。

「差別に立ち向かう際の危険は自己満足です。」

ハーマン氏は、保守党がヘスター氏の批判と寄付金の返還に「消極的」な理由は「彼らがあまりにも巨額の資金を受け入れたため」だと付け加えた。

しかし彼女は、労働党が人種差別への取り組みにおいて「さらに前進しなければならないことは確かだ」と述べた。

「問題がないと誰が言えるでしょうか?私たちはそれが邪悪で恐ろしい問題だったことを認識しなければなりません」とハーマンさんは語った。

影の内閣大臣ジョナサン・アシュワースは、労働党は「人種差別について満足してはならず、私たちはそれに異議を唱えなければならない」と述べた。

同氏はさらに、「社会全体で見たときと同じように、イスラム嫌悪と反ユダヤ主義が党内でも見られた場合、我々はそれに異議を唱えなければならない」と付け加えた。

READ  バイデンは、エマニュエルマクロンが選挙の夜に電話を受けなかったと言います