10月 26, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

修正された再生可能エネルギー会社は日本の河野太郎首相が勝つことを望んでいる

(ソフトバンクグループ株式会社CEOのサンマサヨシはパート6を読むように調整します。)

影中清、村上さくら

東京、9月24日(ロイター)-日本の次期首相である河野太郎は、再生可能エネルギー企業の競争の主要な競争相手であり、長年のボイコットの後、より多くの市場アクセスとより良い遊び場を可能にする変化を解き放つだろうと賭けている。

この58歳の女性は、中国以外で世界最大の国内エネルギー市場である日本の1,500億ドルの電力セクターに再生可能エネルギーを供給してきました。

投資家は再生可能エネルギー株を購入しており、人気のある河野氏は9月29日に自民党(LDP)の次期首相となり、議会の過半数で次期首相となる。

日本のエネルギー構成はすでに変化する可能性があり、2011年の福島原発事故を受けて電力を増加させた化石燃料に代わって、再生可能エネルギーが増加しています。

元国防相で政治王朝の副大臣である河野氏は、現在、行政改革を担当しており、鉄鋼連合のように弱い核部門の復活を支援した強力な産業省(METI)と衝突​​した。

ソフトバンクグループのサン正義氏が設立した再生可能エネルギー会社の大林美香取締役は、次のように述べています。株式会社 。

再生可能エネルギーは、ヨーロッパと菅義偉首相の昨年の辞任の誓約を結びつけて、日本のカーボンニュートラル目標である2050年を発表しました。

「経済産業省の職員の態度は劇的に変化しました。再生可能エネルギーのスタートアップに対する彼らのアプローチは非常に冷たく、彼らはその立場を維持することができません」と、50人近くを運営する日本の再生可能エネルギーエグゼクティブである吉野幸樹は言いました。 風力および太陽光発電プロジェクト。

2018年、当時の河野外相が招集したパネルは、エネルギー論争に突入し、再生可能エネルギーを増やしながら、安全保障、原子力、石炭の処分を求める経済産業省の呼びかけを概ね支持しました。

河野氏は昨年、日本の再生可能エネルギーへの移行に対する規制上の障壁を取り除くためのタスクフォースを設立しました。

世界第3位の経済と第5位の炭素排出国は、輸入された化石燃料に大きく依存しています。

再生可能エネルギーは昨年の日本のエネルギー供給の22%を占め、10年前の最新の政府の目標を達成し、四半期に石炭以上の貢献をしました。

コノのプラットフォーム

その成長にもかかわらず、批評家は、供給が豊富なときにいわゆる太陽光発電所を簡単にシャットダウンできるようにする経済産業省の規制を導入したと言います。

再生可能プロジェクトへのリンクも、根付いた企業の要請により中止され、河野氏はホームページで彼の方針を概説しています。

日本本島と北の北海道を結ぶ大規模な送電線の使用を管理する規則を改正し、敷地内で再​​生可能エネルギーを許可する必要があると河野氏は述べています。

送電線を介して送電される電力は、実際の取引の前日に通知する必要があるため、現在使用されていない送電線を使用して気象再生可能エネルギーを東京に送電することは困難であると彼は言います。

経済産業省は、日本の再生可能エネルギーを2030年までに22〜24%に引き上げるという目標を設定し、世界で最も急速に成長しているセクターの1つである海水のオークションルールを設定しました。

再生可能エネルギーも人気があり、世論調査によると、消費者は原子力エネルギーに対してより慎重であり、より多くのグリーンオプションを望んでいます。一方、優良企業は政府に規制緩和を強いるため、より多くの排出量を使用しています。

太陽光発電所や蓄電池製品を販売する電気小売業者であるループ社のディレクターである児島裕介氏は、河野氏が業界を支援すると信じており、最近の政策変更は彼のビジネスに大きな変化をもたらすと語った。

「これまで、日本全体が再生可能エネルギーを主要なエネルギー源と見なしていなかったため、再生可能エネルギーを優先することはできませんでした。しかし、カーボンニュートラルの誓約やその他の再生可能エネルギーが現在検討されています」と児島氏は語った。

(影中清、村上さくら、アーロン・シェルドリックによる報告、アンソニー・スロットコフスキーとマイケル・ペリーによる編集)

READ  日本はCOVID-19緊急状態を解除する準備ができています:レポート