6月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

停戦交渉の最中、ネタニヤフ首相はハマスを粉砕しなければならないと発言

停戦交渉の最中、ネタニヤフ首相はハマスを粉砕しなければならないと発言

彼は遊ぶ

ハマスとイスラエルの野党指導者は月曜日、ネタニヤフ首相がバイデン氏の計画に反対したにもかかわらず、ジョー・バイデン大統領がベンヤミン・ネタニヤフ首相が提案した停戦協定への支持を表明した。

タイムズ・オブ・イスラエル紙の翻訳によると、エジプトのサメ・シュクリ外相は月曜、バイデンが先週明らかにしたネタニヤフ首相の提案を「前向きに」捉えているとハマスが述べた。 国家安全保障会議のジョン・カービー報道官は月曜日の記者会見で、米国はハマスが木曜日に受け取った提案に対するハマスからの公式回答を待っていると述べた。

イスラエルでは、ネタニヤフ首相の政敵であるヤイール・ラピド氏が政府に協定の承認を促し、首相の極右関係者らが脅しを貫き、脆弱な与党連合から離脱した場合には「政治的セーフティネット」を提供すると約束した。 ラピド氏は「イスラエル政府はネタニヤフ首相の提案に同意し、最終的な詳細を詰めて(人質を)祖国に返すためにきょうカイロに代表団を派遣する必要がある」と述べた。

ロイター通信によると、米国は国連安全保障理事会に対し、この計画を支持する決議案の採択を求めているが、それには少なくとも9票の賛成票と拒否権なしが必要となる。

バイデン氏は、ネタニヤフ首相が人質全員の返還と第2段階終了までのイスラエルのガザからの完全撤退を含む3段階計画を提示したと述べた。 しかし、イスラエル軍がさらに人質4人の殺害を発表したその日、ネタニヤフ首相はバイデン氏の提案の説明は「不完全」だとし、イスラエルは「戦争目標、主にハマスの殲滅」を維持していると述べた。

バイデン氏はイスラエルが次の計画を提案したと述べた。 ガザでの6週間の停戦と人質解放

開発状況:

∎ ネタニヤフ首相の合同議会での演説の日程はまだ設定されていないが、ユダヤ教の祝日と重なるため、月曜日に報道されたような6月13日ではない、と同首相の事務所は声明で述べた。

∎ 予備衛星によると、10 月 7 日に戦争が始まって以来、ガザの建物の半分以上が破壊または損傷したようです。 国連による分析

∎ 宗教間の団結を示して、数百人が平和を求めてエルサレムのダウンタウンを行進した。 主催者らは、この行進は水曜日に予定されているエルサレムデーの国旗行進に対抗することを目的としていると述べている。

∎ 英国のサンドイッチとカフェのチェーン、プレタ・マンジェは、戦争により従業員に課された渡航制限により、イスラエルへの進出計画を中止せざるを得なくなったと述べた。

ネタニヤフ首相、ガザ停戦について: ハマスは破壊されなければならないと彼は言う

イスラエルの極右財務大臣ベザレル・スモトリヒは、提案された合意を、彼と彼の宗教シオニスト党が支持しないであろう「降伏提案」であると述べた。 同氏はパレードについてイスラエル戦時内閣を非難し、彼らが「イスラエルを辱め」続けていると述べた。

右派のイタマール・ベン・グヴィル安全保障大臣は、停戦合意案を「ごまかし」しているとネタニヤフ首相を非難し、もし合意が承認されれば同首相の政党を連立与党から離脱すると脅迫した。 ベン・グヴィル氏は、ネタニヤフ首相が合意内容の詳細を再検討しようとする同首相の度重なる努力を拒否したと述べた。

ベン・グヴィル氏は声明で、「バイデン大統領が提示した合意の詳細は、ハマスの殲滅という主要目標を達成することなく、イスラエルの降伏と戦争の終結を意味する合意であることを示している」と述べた。 「ハマスを崩壊させずに戦争を終わらせるランダムな協定に署名すれば、オツマ・ユーディット(ベン・グヴィル党)は政府を解散するだろう。」

イスラエル軍は月曜日、10月7日の攻撃で誘拐された男性4人の家族に対し、男性4人は死亡し、遺体はハマスに拘束されていると通告したと発表した。

イスラエル国防軍は、ハイム・ペリ氏、ヨラム・メッツガー氏、アミラム・クーパー氏、ナダブ・ポップルウェル氏の死亡を情報筋を通じて確認したと述べ、「ハマス拘束下での彼らの死亡状況は関係者全員による調査中だ」と付け加えた。

イスラエルは、ハマスとその同盟武装勢力がガザ地区で130人以上の人質を拘束しているが、そのうち何人が生存しているかは不明だと発表した。

イスラエルがハマスを追って南部国境都市への攻撃を拡大する中、ガザの他の地域での戦争を逃れてラファに避難したと推定される約100万人のパレスチナ人が再び避難民となったと国連が月曜日に発表した。

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)は、ラファ北部のカーンユニス市にある被害を受けた施設にいる数千人の避難家族に基本的なサービスを提供していると述べた。 UNRWAは「言葉では言い表せない状況だ」と述べた。

イスラエル軍はラファの民間人を約19マイル離れた「拡張人道地帯」に誘導しているが、難民らはイスラエルの攻撃から安全な場所はないと主張している。

5月26日、ラファにあるパレスチナ避難民キャンプに対するイスラエル軍の空爆で火災が発生し、45人が死亡し、国際的な怒りを引き起こした。 ネタニヤフ首相は後にこの事件を「悲劇的な事故」と呼んだ。 米国は数カ月間、イスラエルがラファへの攻撃を開始するのを思いとどまらせようとしてきたが、無駄だった。

エジプトのサメ・シュクリ外相は月曜、米国、エジプト、イスラエルの当局者らはエジプトとガザの間のラファ国境検問所の再開を目指して会合を開催しているが、イスラエルがガザ地区のパレスチナ人の支配権を取り戻すまでは実現しないだろうと述べた。 イスラエルは先月、ラファのハマスを攻撃した際、国境を含むガザ地区全域をエジプトとの国境を制圧した。 この交差点は人道支援物資の流れの主要なアクセスポイントであり、イスラエルに包囲された領土に住む200万人以上のパレスチナ人にとって外の世界へのライフラインでもあった。

イスラエルのヨブ・ガラント国防大臣は、イスラエル軍がハマスが武器を密輸し戦争から逃れるために使用しているガザとエジプトの間のトンネルの破壊に取り組んでいると述べた。 エジプトはそのようなトンネルの存在を否定している。

国連人権専門家20人以上からなる連合は月曜日、パレスチナ国家を承認し、ガザでの即時停戦に向けて利用可能な政治的・外交的資源をすべて活用するよう各国に要請した。 この呼びかけは、スペイン、アイルランド、ノルウェーが140カ国以上に加わってパレスチナ国家を正式に承認してから1週間も経たないうちに行われた。 イスラエルはこうした行為がハマスを強化するものだと繰り返し非難してきた。 米国はイスラエルの側に立って、解決策は交渉する必要があると述べた。

国連の専門家らは声明で、「この承認はパレスチナ人民の権利、自由と独立のための闘争と苦しみに対する重要な承認である」と述べた。

モルディブは、イスラエルとハマスの戦争が続く中、高級旅行先として知られるインド洋の島国へのイスラエルのパスポート保持者の入国を禁止する計画を発表した。 イスラム教徒が多数を占めるこの国の大統領、ムハンマド・ムウィゾ氏は以前、イスラエルが設立した一時難民キャンプに避難していたパレスチナ人45人を殺害したガザ南部ラファへの最近の襲撃を巡り、イスラエルを非難していた。

イスラエル外務省はフェイスブックへの投稿で次のように述べた。 イスラエル国民へのアドバイスの提供 モルディブへの旅行を避け、現在国内にいるイスラエル国民を残したままにすることは、「何らかの理由で彼らが遭難した場合、我々が助けるのは困難だからだ」。

サバンナ・クーチャー

モルディブ、イスラエル人の入国を禁止 ガザ戦争に抗議して入国したのは誰ですか

バイデン氏は先週、ネタニヤフ首相が3段階の合意を提案したと述べた。 第1段階は6週間続き、ガザのすべての人口密集地域からのイスラエル軍の「完全な停戦と撤退」が含まれる。 また、数百人のパレスチナ捕虜の解放と引き換えに、女性、高齢者、負傷者を含む一部の人質の解放も含まれる。

第2段階には、生き残っている人質全員の解放、イスラエルのガザからの完全撤退、そして「敵対行為の永久停止」が含まれる。 第3段階にはガザ再建の大規模計画が含まれており、捕虜として殺害された他の人質の遺体は家族に返還される。

国内で強い政治的圧力を受けているネタニヤフ首相は、提案された計画に関するバイデン氏の説明に疑問を呈した。 タイムズ・オブ・イスラエル紙によると、ネタニヤフ首相は、バイデン氏の主張とイスラエルの立場にはギャップがあると述べた。

カービィはその月曜日に撤退した。 同氏は記者団に対し、「話す抜け穴があるかどうかは知らない。われわれはこの提案が正確に反映されていると確信している。これはわれわれがイスラエル側と協力して取り組んだ提案だ」と述べた。

寄稿者: Francesca Chambers と Swapna Venugopal Ramaswamy、USA TODAY。 ロイター

READ  ウクライナは別のロシアの早期警戒管制機を撃墜し、モスクワに大打撃を与えたと主張している