9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

元ソニーとトヨタのエンジニアが日本の宇宙への発射を加速

東京-日本の大手メーカーの元従業員は、国の宇宙への発射でCTOとしての存在感をますます認識しています。

これらの個人は、以前の雇用主から得た知識と経験を問題の解決に役立て、高度なテクノロジーに必要な時間のかかるプロセスをスピードアップしました。 安全性、品質、コスト削減を確保するだけでなく、会社の経営や採用においても優れたスキルを発揮します。

この記事では、スタートアップ企業の副業と「空飛ぶ車」の名前のない領域について詳しく説明します。

「2100年に人間が月に住むことは間違いない。現実になるまでの時間を短縮するために人々が競うゲームだ」と東京を拠点とするスタートアップ、月探査スペースのCDOである下村英樹氏は語った。 。

55歳の彼は、2022年に打ち上げられるミッションをエンジニアに指示する際に、月面着陸試験機の開発に関心を注いでいます。

宇宙月着陸船のモデルであり、その開発はかつてソニーで働いていたCTOによって導かれています。 (タガイジューンによる写真)

下村氏はソニーのソフトウェアエンジニアであり、初代Iboロボット犬と二足歩行ロボットの開発に携わっていました。 彼は人工知能とロボット工学の知識を利用して、2012年から人材育成と新規事業開発のプロジェクトのための委員会の組織化に携わってきました。

当時の宇宙開発への関心の高さを説明し、彼はそれについて「中立」であると述べた。 宇宙事業に惹かれたのは、中田武CEOをはじめとする宇宙管理チームの関心でした。

下村は、相互の友人を通じてイスパスの人々と知り合い、「2040年までに月に都市を建設する」というハクマダのビジョンに触発されました。 彼は月に一度取締役会のメンバーと夕食をとり始め、快適な職場環境を維持する方法についてエンジニアにアドバイスし、彼らに新しいビジネスを始めるための有用なアイデアを与えました。

しかし、下村氏は「直接関与するとは思ってもみなかった」と語った。

ESpace CEOの坂間田武氏(左)とCDO下村秀樹氏。 (写真提供:Hakamada Ispace、Shimomura Narushi Nagai)

2019年の秋はターニングポイントでした。 2018年にソニーを辞任した下村は、eSpaceの経営陣がパナソニックに会い、日本から飛来したとき、シリコンバレーにあるパナソニックの新事業開発オフィスで働いていた。 下村氏は、「スペースを広げて前進させる」というCTOを務めるよう求められたとき、彼らの興味に感銘を受け、「本当に真面目」だと固く信じていました。 彼は2020年7月にその仕事を引き継いだ。

現在、下村は宇宙船の月面着陸機の開発を監督しています。 彼は「ほぼ毎日の会議[s] 問題は、それが何であれ、「しかし、彼の経験を武器に、若いエンジニアを静かに団結させます。

eSpaceは、2023年を目指した月探査プログラムに加えて、月の天然資源を開発するプロジェクトを立ち上げる予定です。 同社は、水抽出事業を開始することにより、持続可能な成長を目指しています。 ソニーでドローン関連会社を設立した下村氏は、こうした事業立ち上げの経験を生かすために利用された。

二足歩行ロボットの開発に携わったとき、下村は当時の上司から「あなたを評価するのはあなたの上司ではありません。歴史があなたを評価します」という言葉に触発されました。 下村氏は、月面に都市を作るというIspaceのビジョンは、「将来のある時点で誰かに感じられ、最終的には歴史によって評価される」ことは間違いありません。

日本では研究開発のスタートアップが増えており、当初はより多くの投資が必要ですが、ITスタートアップだけでなく、多額の資金調達に成功するには長い時間がかかります。 その中には、2020年までに総額35億円(3170万ドル)を集めたエスパスが含まれており、累積金額で最高の企業の1つとなっています。 また、航空宇宙産業への関心の高まりを反映しています。 そのような状況で、ますます多くの日本の新興企業が、以前に日本の大手メーカーで働いたことのある人を雇うようになりました。

「製品開発には主要企業の協力が必要な場合が多く、急速に成長を続けることができます。 [the company] 研究開発の多い新興企業に投資している東京ベンチャーキャピタルのリアルテックホールディングスの藤明隆社長は、次のように述べています。

一方、スタートアップCTOは、通常、従業員がいるため、開発作業だけでなく、経営管理などのさまざまなスキルを持っている必要があります。 これは大手企業のCDOにとっての課題であり、通常、役割はきちんと分離されています。

「採用や企業経営において、全体的な事業状況を把握できる人材を見つけるのは難しい」と富士氏は語った。

大企業のバックグラウンドを持つ一部のCDOは、スタートアップで2つまたは3つの役割を処理します。

足利に本拠を置く航空会社AerokatAerodromeのCDOである水田和弘もCEOを務めています。 39歳は以前トヨタ自動車のエンジニアとして働いていました。

「」[Moving to a startup] 危険ですが、あなたは一度しか生きません。 まずはこれを試してみたかった」と三田氏。

製造工程は、栃木県足利市のAeroEdgeで見直されています。 (写真:小月直幸)

デューク大学で米国で炭素繊維を学んだ後、27歳でトヨタに入社し、炭素繊維で強化されたプラスチックを使用したボディパーツの開発に従事。

「最初はチャンスがないと思っていました」と水田氏は、新素材の部品を採用するのは難しかった。 しかし、チームメンバー全員が「正直にテストし、論理的に問題を解決しようとする」というトヨタのアプローチに従った後、トヨタの未来燃料電池車の部品が採用されました。

ミスタはトヨタでの成功を利用して、ケンブリッジ大学を経由して東京を拠点とするロボット工学のスタートアップZMPに参加しました。これは、将来的にデジタル技術が必要になると考えたためです。 自動運転ビジネスのマネージャーとして1年近く経った後、2017年にAeroEdgeのCTOとして追放されました。 彼は昨年からCOOも務めています。

Aerodgeは、航空機エンジン用のタービンブレードを製造しています。 ミスダは、品質検査を合理化するためにAIの開発を推進しており、2年以内にブレードを市販することを目指しています。

未来志向の新規事業Aerodgeは、金属3Dプリンターを使用して契約エリアを開発しています。これは、水田氏が製造部門のゲームチェンジャーになる可能性があると考えているテクノロジーです。 「トヨタの研究開発は10年前を目指していたので、未来のシーンを描くことができました」と水田氏は語った。

AeroEdge CDO三田和弘、OK、森西淳社長。 水田はトヨタの生産と革新への道を開く最前線にいました。

トヨタとの合弁会社であるToyotaSuzukiが一部所有するAeroEdgeは、水田に入社して間もなく、2018年にトヨタ生産方式を導入しました。

水田氏は、トヨタシステムは「大幅にコストを削減した」と述べています。 「AIと自動化を組み合わせて、AeroEdgeの独自の生産ラインを作りたいと考えています。」

62歳の岸信は、スタートアップで複数の役割を果たしているもう一人の人物です。

岸は、電気垂直出発着陸(EVDOL)航空機を「空飛ぶ車」と呼ぶSkyDriveの東京の最高技術責任者を務めています。 彼はまた、彼の前の雇用主である三菱重工業の研究開発部門での彼の時間の経験を利用して、エンジニアを雇うことに力を注いでいます。

「スタートアップで働くことは、私が管理と開発の両方に従事しなければならないので疲れますが、私は決して退屈しません」と岸は言いました。 岸は部品などの空飛ぶ車の商品化のニーズを設計しています。 プロペラ番号と飛行距離。 彼は2019年まで、日本初の国産旅客機である三菱リージョナルジェットの開発に携わっていました。

三菱重工業に入社し、戦闘機を開発した後、2010年に三菱空軍に入隊し、技術担当チーフエンジニア兼バイスプレジデントに就任。 彼は国産の旅客機が完成する前に引退する予定でしたが、三菱重工業が三菱地域ジェット、現在の三菱の商業化を事実上停止した後、その夢は2020年に打ち砕かれました。

スカイドライブのCEO兼社長の福澤知宏氏(左)とCDOの岸信夫氏。 (SkyDriveの写真提供)

Kishi Mitsubishiは、航空機での経験を活かして空飛ぶ車を製造しています。 三菱スペースジェットは、商用航空機での作業の前提条件であるある種の認証を政府から取得するのに苦労しました。 ボーイングや他の経験豊富な外国の競合他社とは異なり、「三菱航空機のような新参者が1つのタイプの認証を取得することがどれほど難しいかはわかりません」。

空飛ぶ車について同様のルールを作成するのはごく最近のことです。 ジェット旅客機を作るためにラタコマーと戦わなければならなかった岸は、「新しい魅力的なルールを作成する作業に従事できる空飛ぶ車を発明した」。 SkyDrive政府のセキュリティを証明した経験がほとんどないため、CEOの福澤知宏は岸をCDOと呼びました。

岸は、ジェット旅客機の開発が繰り返し延期されているため、潜在的な人材を採用することの重要性を強調することに失敗した過去を嘆いている。 「目標を達成するための前提条件を知ったらすぐに雇用主に報告することが重要です」と彼は言いました。 SkyDriveのような小さなスタートアップの場合、迅速な意思決定が可能であり、岸はしばしば福沢に明白なアドバイスを提供します。

岸は、成長に必要なエンジニアを確保できるよう、求職者に面接を行っています。 彼は会社に1年以上在籍していますが、すでに数人のエンジニアの採用に携わっています。

「私は良いセカンドキャリアを持っていると思います」と岸は言いました。 今こそ、彼がスカイダイビングを地面から押し出す能力を証明する良い機会です。

READ  日本の大学の先輩の80%が雇用されています