9月 26, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

全国に散らばるSANUの木造小屋で街を出る

日本の都市居住者のための賃貸可能なスペース

517人が住んでいるとき 東京陰大都市圏は尋ねた 自然の中でもっと時間を過ごしたいですか?、77%が「はい」と答えました。 日本のスタートアップSANUは、一連の賃貸木で街を離れたいというこの高まる欲求に応えてきました。 部屋 日本の天然資源に散らばっています。

キャビンは、月額50,000円(441米ドル)のメンバーの「セカンドホーム」として想定されています。 このサブスクリプションでは、メンバーはいつでもどの部屋でも予約して楽しむことができます。 離れた場所にある職場を探している場合でも、ちょっとしたR&Rを探している場合でも、小さな家はあなたを自然に近づけます。

全国の田園地帯に散らばるSANUの木造小屋で街を出る
ティモシー・ラムブレックの画像

これらの部屋は、角張った山のような形をしたADX ArchitectureStudioによって設計されています。 プレハブ構造物は、環境への影響を減らすために、100%日本木材と再生コンクリートで作られています。 キャビンは、他の場所で簡単に取り外して再構築できるように設計されています。

コンパクトな空間には、開放的で快適なリビングルーム、朝食を楽しめる木の床、キッチン、バスルーム、ワークスペース、薪ストーブ、ホームシアタースクリーンが備わっています。 インテリアは暖かさと開放感が特徴で、主なガラス張りの高さは外部の風景の景色を形作っています。

SANUキャビンは、2021年末までに、東京の中心部から1.5〜3時間以内に合計6か所に設置される予定です。 2022年の夏までに、同社は10のプラットフォームに90のキャビンを建設することを目指しています。

Designboomの以前のプロジェクトを参照してください ここ

全国の田園地帯に散らばるSANUの木造小屋で街を出る

全国の田園地帯に散らばるSANUの木造小屋で街を出る

全国の田園地帯に散らばるSANUの木造小屋で街を出る

READ  H3Cデジタルツアー2021は日本での最終ストップで終了します