10月 7, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

円安が日本株のかつてのような意味を持たない理由

日本円は今年、ドルに対して約 5 分の 1 下落しましたが、日本経済のより広範な変化が日本株に与える影響は、24 年前に円がはるかに弱いレベルで取引されたときよりも均一ではありません。

日本 企業は長い間、自国市場で製品を製造する際に、中国と韓国のライバルの価格競争力に匹敵するのに苦労しており、歴史的に強い通貨と高い電気料金と人件費に耐えてきました。

円は今年、米ドルに対して 20% 下落し、木曜日に 145 円の安値を付けたため、現在、状況は変化しています。 貿易相手国の価格水準の調整に対する通貨の強さの尺度である実質実効為替レートは、1970年以来の最低水準に達しています。 日本銀行 情報。

日本は先週、円安に対して口頭での介入を強めた。 日本銀行は銀行に連絡を取り、過去に市場介入の前兆となった通貨レートを確認し、財務省から指示されるようにしました。

政府関係者は円安にますます神経質になっているが、その影響は過去数年よりも微妙になっている。

歴史的に見て、円安は日本株にとって恩恵だった。 これにより、海外のバイヤーにとって日本の商品が安くなり、国の広大な輸出部門が後押しされました。 しかし、1998 年の円安以来、企業の日本は変化してきました。 生産のほぼ 4 分の 1 が海外に移され、かつて支配的だった為替レートとの古い関係は今や崩壊しています。

CLSAの日本ストラテジストであるニコラス・スミス氏は、「アジアの競合他社と比較して、現在ほどコスト競争力のあるものはありませんでした」と述べ、日本の実質為替レートは1994年以来2倍近くになっている. 長期下落。 日本は今の韓国ほど価格競争力がありません。

ここでは、円安が日本の 5 兆ドル規模の経済に微妙な影響を与えていることを示す 5 つのケーススタディを紹介します。


ソニー:テクノロジーとエンターテインメントのコングロマリット

多様な事業を展開するソニーにとって、円安はさまざまな恩恵をもたらす。 日本のエレクトロニクスとゲームのグループは、過去数十年でプレイステーションコンソールと家電製品の生産をアウトソーシングし始めました. これらの事業にとって、円安はドル建ての生産コストとドルで購入する原材料や部品の価格を上昇させるため、マイナスです。 きっかけでした 前代未聞の値上げ 先月のPlayStation 5用。

しかし、ソニーがアップルや他の携帯電話メーカーに販売するために日本で生産し続けているイメージセンサーについては、円安が海外輸出を押し上げている。 全体として、グループの 3 つの事業に対する純通貨の影響は、「わずかにプラス」に過ぎませんでした。

ソニーの長年のアナリストであるペラム・スミザーズ氏は、「円安の影響は依然として存在するが、実際にはそうではないことは明らかだ。


HOYA:レンズの世界的リーダー

光学ガラスの専門メーカーである HOYA は、ほぼすべての製品を日本国外で製造しています。 同社は売上高の 75% を自国市場以外で生み出しているため、海外での利益が本国に送金されて円に換算されると、円安の恩恵を受けます。 実際、4月から6月の四半期の純利益が前年比で17%増加したことを報告した後、HOYAは600億円の自社株買い計画を発表しました。

同社の最高財務責任者である広岡亮氏は、自社株買いについて尋ねられた際、「私たちのお金の多くは外貨であり、円が価値の面で上昇したとき、株主にできるだけ多くを返したいと思った. .

マッコーリーのアナリストであるダミアン・タン氏は、大きな問題は、企業が本国への帰還を続けるかどうかだと述べています。 「日本企業がお金を返還せず、成長する日本の経済競争力を利用するために日本に投資することを決定した場合、それを使用することを決定した場合 [mergers and acquisitions] さもなければ、海外に工場を建設することは、日本経済に利益をもたらさずに円を圧迫する可能性がある.

日本の輸出品の競争力が高まっていることを示す、実質実効為替レート指数 (広範、再ベース) の折れ線グラフ。

日本の製造業の海外製造比率は、1990 年代の平均 3.8% から世界金融危機後の 2008 年から 2012 年には 17% に上昇し、最近では 22% を超えています。 これらの決定は、歴史的に、円安が製品の競争力を向上させたときに最も大きな利益を得てきた製造業者によって行われました.


ホンダ:日本の海事のパイオニア

自動車メーカーの中で、ホンダは日本の自動車産業で最も積極的なプレーヤーの 1 つであり、その海外生産比率は 2008 年の 68% から昨年は 85% に上昇しました。 その結果、15 年前に受けた 200 億円近くの増益と比較して、米ドルに対して 1 円の円安は、100 億円 (7000 万ドル) の営業利益を押し上げます。

これらのオフショアリングの決定は、一般に、安価な労働力を追求するために行われたのではなく、外国市場の顧客の要求をより効果的に満たすために行われました. そのため、日本の国内市場が縮小し続ける中、オフショアリングは継続する可能性があります。 “[Exchange rates] 生産地を選ぶことは大きな要因ではありません。 三菱UFJモルガン・スタンレー証券のアナリスト、杉本浩一氏は「市場は生産技術を維持するために少なくとも100万台の自動車を必要としている。

為替の追い風が原材料コストの上昇を相殺するのに役立ったため、ホンダは先月、円安のわずかな恩恵を受けて年間ガイダンスを引き上げました。 企業は依然としてサプライチェーンの混乱と世界経済の減速に苦しんでいますが、アナリストは、日本の企業に対するホンダのケースには、今後数四半期で改善の余地があると述べています。


Fast Retail:アジア最大のアパレルブランド

今年4月、ユニクロのオーナーであるファーストリテイリングの柳井正社長は、 警告した 円安には「メリットがない」と。 ユニクロの事業が国内中心だった15年前はそうだったかもしれない。 しかし、ユニクロの店舗は現在、年間利益の半分を日本国外で稼いでいるため、本国に戻すと、米ドルに対して 1 円の円安で、利益が 12 億円押し上げられます。 輸入品の価格はさらに高くなり、米ドルに対して 1 円の円安となり、ユニクロは 40 億円の利益を失います。

アジア最大のアパレル小売業者が外国為替フォワードと呼ばれるヘッジツールを使用したため、円安は2024年にのみ強くなり始める. したがって、グループは8月に終了する会計年度の記録的な利益を予測しています. 今後、ユニクロはすでに一部商品の値上げを発表しており、海外での売上はさらに伸びると見込まれている。 クレディ・スイスのアナリスト、風早貴宏氏は「円安の結果、すべての小売業者の業績が悪化すると想定するのは間違っている。


ニトリ:デフレ世代の激安家具

ディスカウントファニシンググループは国内売上高の大半を占めるため、輸入品の値上がりによる円安の影響はマイナスだ。 同社は今月末まで、ドル円レートを115円に固定する為替予約を行っている。 しかし、年度後半から2月末までは、米国の景気減速による年末の円高を見込んで、ニトリは市場価格で商品を購入した。 米ドルに対して 1 円の円安で、20 億円の利益が減少します。 ユニクロと同様に、輸入関税の上昇を相殺するために値上げを行う可能性があります。

「値上げには2つの問題があります。ニトリが消費者にコストを変更した場合、製品が販売されるかどうかという問題と、コストが変更されるまでのタイムラグがあることです」とカジャハヤ氏は述べています。 ニトリは、新しい家具の値上げ前に古い製品をすべて販売しなければならないため、受注残が特に長い。 いずれにせよ、同社はコストの一部を消費者に転嫁するしかありません。

READ  日本は米国に従い、幼児に予防接種をするべきですか?