6月 13, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

円安のせいで、ハワイの日本人タイムシェアオーナーがぼったくられている

円安のせいで、ハワイの日本人タイムシェアオーナーがぼったくられている

日本の円安により、日本人の海外旅行の費用が高くなりました。 この影響は、日本人旅行者に長年人気のハワイなどの人気観光地にも影響を及ぼしている。 しかし、それは高価なタイムシェアプランを購入した日本人にも影響を及ぼし、彼らは購入したプランを現在は使用できなくなっている。

彼は夢を買って、喜んでそれを売るつもりだ

72歳の大阪の男性は、2011年にハワイのワイキキにあるホテルの部屋の所有権を、年1週間のタイムシェアとして500万円(現在3万1800米ドル)で購入した。

彼女はショッピングモールで買い物をしていたときに、ホテルのタイムシェアのオファーに呼び出された。それが「夢を呼び起こした」と彼女は言う。 彼の生涯にわたるハワイへの愛が確かに要因でした。 しかしながら、円高為替レートが主な要因でした。 当時、1ドルは75円でした。

タイムシェアにより、家族と一緒にハワイに約10回旅行に行くことができ、日本への旅行でも会員ポイントを利用することができた。

彼の旅行の日々は、パンデミックが世界を麻痺させた 2020 年に中断されました。 日本は外国人旅行者に対して国境を再開し、制限を緩和した。 それにもかかわらず、今日、その観光部門は目覚ましい復活を遂げています。

しかし、旅行が通常に戻ったとき、彼は健康に影響を与える深刻な病気のために旅行できなくなりました。

広告

事情によりワイキキで時間を共有することはできなかったが、維持費を支払い続けた。 その負担は円安経済とインフレによってさらに悪化している。 現在、彼は使わなくなった部屋に年間30万円(米ドル)を支払っている。

だからこそ、「ついに売却することに決めた」という。

売り手に興味はあるが買い手がいない

彼はタイムシェアを手放すつもりだ。 ただし、問題があります。 彼の手からその部屋を取り上げようとする買い手は誰もいなかった。

日本人はハワイでタイムシェアを買うことに興味がありません。円が弱すぎて買えないからです。 アメリカ人はワイキキに興味を持ちません。ワイキキには高層ホテルが建ち並び、彼らが見に来た自然ではないからです。

この男性と妻(67)がホテルに相談したところ、ホテルにはタイムシェアの販売に「責任はない」との回答が返ってきた。 そこで、夫婦はハワイの不動産会社を探しましたが、だめでした。

彼らのタイムシェアの難題は、同庁が聞いた数百件の苦情のうちの1つである。 同社は「販売物件100件に対し、1件しか売れない月もある」と述べた。

男性の妻は記者団に対し、「たった100ドルで売ります」と語った。 タイムシェアは楽しい思い出を作りますが、私たちが退職後の生活をしていると、維持費を払い続けるのが大変になります。 売るのがこんなに難しいなんて信じられない。

ハワイのタイムシェアは日本では販売されなくなりました

タイムシェアは、ヒルトン、マリオット、ディズニーなどの主要ホテルチェーンで世界中で利用できます。

ハワイのタイムシェア物件の価格は200万円~2,000万円(12,700ドル~127,186米ドル)です。 タイムシェアとリセールを専門とする不動産会社「くじらクラブ」によると、別荘を購入するよりも安いという。 タイムシェアは1LDKまたは2LDKのお部屋が中心で、長期滞在者向けです。

タイムシェアを購入すると、ユーザーは宿泊料金の支払いが免除されます。 ハワイでは約10万人の日本人がタイムシェアを利用している。 多くの企業が法人として購入し、従業員の福利厚生に利用しています。

しかし、ぐじらクラブによると、円が前例のない水準まで下落し始めて以来、タイムシェアのオーナーからの売却を求める問い合わせが爆発的に増えているという。 同代理店は、約100件の販売を処理するのに苦労しているため、過去数カ月間、一部の調停事件を一時停止せざるを得なくなった。

「24年間この業界にいますが、こんなことは初めてです」と中山隆さん(57)は言う。

維持費が命取りだ

中山氏によると、顧客の売却の主な理由は高齢化と維持費の負担だという。

タイムシェアの質や立地にもよりますが、ヒルトンの場合、維持費は30万円~40万円(1,907ドル~2,543ドル)です。 パンデミック前に比べて地価が対円で15%上昇したインフレにより、売りパニックと買い控えが生じた。

そのため、タイムシェアは元の価格のわずか 3 分の 1 で販売されます。

それでも、ぐじらくらぶが取り扱う物件数は数千件のうち数万件に過ぎない。 顧客の中には3年間買い手を待っている人もいる。

「ハワイのホテルの宿泊料金は上昇傾向にありますが、価値の高いタイムシェアは安くは売れません。 これらの物件は高値で販売されますが、買い手が追いつかない場合は閉店してしまいます。 円安が進む中、先行きは予断を許さない」と中山氏は言う。

証拠の

ハワイの电影「TIME SHARE」が売れくがれまた日本人は続出。 朝日新聞

READ  需要の高まりに伴い、日本のサービス活動は7か月で最も急速に成長 – PMI | WTAQ ニュース トーク | 97.5 FM · 1360 AM