2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

円高が自動車に打撃を与え、日本の日経平均は3週間ぶりの安値に下落

円高が自動車に打撃を与え、日本の日経平均は3週間ぶりの安値に下落

(最終価格を更新します)

ケビン・バックランド著

[東京 12月4日 ロイター] – 円高が日本の輸出企業の収益見通しを圧迫し、自動車メーカーが下落を主導したため、月曜日の日経平均株価はほぼ3週間ぶりの安値に下落した。

11月日経平均株価は14日以来初めて33,023.04ドルを記録したが、0.6%から1.22%下落して33,231.27で取引を終えた。

より幅広いTopixは0.83%下落した。

東京証券取引所の33業種グループの中で最も業績が悪かったのは輸送用機器で、2.48%下落した。

原油価格の大幅下落が石油探査業者の重しとなり、鉱業は2.39%下落した。

円は月曜日に1ドル=146.235円と約3カ月ぶりの高値まで上昇したが、その後146.65円まで反発した。

野村証券ストラテジストの上谷和夫氏は「為替相場の動きに株価が引きずられている印象が強い」と指摘。

同時に「円高が1ドル=144円や143円に達するのは非常に難しいと思う。むしろそれが短期的なピークになる可能性がある」と述べた。

日経平均株価の25日移動平均線は上値を強く示しており、上谷氏は「何らかの好材料があれば、日経平均株価が近いうちに3万4000円に向かって押し上げてもおかしくない」と述べた。

日経平均株価は11月20日に33,853.46円という33年ぶりの高値を記録した。

月曜日、同指数の構成銘柄225銘柄のうち170銘柄が下落、54銘柄が上昇、1銘柄が横ばいとなった。

最もパフォーマンスが悪かった銘柄はマツダで3.93%下落した。 大手同業他社も大きな打撃を受け、日産自動車は3.27%下落、トヨタ自動車は2.31%下落した。

しかし、最も足を引っ張ったのは半導体製造装置の東京エレクトロンで0.59%下落した。 次に新興投資家のソフトバンクグループが1.15%下落した。

一方、東証業界グループで最も業績が良かったのは海運で、1.95%上昇した。

不動産は0.45%上昇した唯一の大幅上昇銘柄だった。 (ケビン・バックランドによる報告、ムリガンク・タニワラとニヴェディタ・バタチャジーによる編集)

READ  マーク・グッドウィンによる日本の建築スタジオのフォトツアー