5月 20, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

円高が輸出企業を押し上げる中、日本の日経平均株価が上昇

円高が輸出企業を押し上げる中、日本の日経平均株価が上昇

(最終価格を更新します)

ロッキー・スウィフト著

[東京 29日 ロイター] – 円安が輸出業者を支援し、一部投資家の上昇を上回り、日本の日経平均株価は木曜日の2取引目で上昇幅を拡大した。

日経平均は0.12%上昇して33,234.14で取引を終え、以前は1%も上昇していた。 しかし、より広範なTOPICS指数は0.1%下落して2,296.25となった。

円相場が同社の海外売上高を7カ月ぶり安値に押し上げたため、日産自動車の株価は4.17%上昇した。 ライバルのスズキ自動車は3.41%上昇した。

日経新聞が人工知能システムの開発に200億円(1億3,829万ドル)を投資すると発表したことを受け、ソフトバンクグループは1.31%上昇した。 半導体業界大手の東京エレクトロンとアドバンテストはそれぞれ2.5%以上上昇した。

他の主要中央銀行が金融引き締め路線に進む中でも、日本銀行が当面は超金融緩和政策を維持する意向を示したため、最近円は急激に下落した。

水曜日、同通貨は11月10日以来初めて1ドル=144.62ドルまで下落し、昨年政府が自国通貨を下支えするために介入するきっかけとなった水準に近づいた。

JPモルガン・チェース銀行日本市場調査部長の佐々木徹氏は「国外で事業を展開する企業にとって、円安の影響で利益は増え続けており、株価にとってはプラスだ」と述べた。

公式データによると、海外投資家は12週間の買いを経て日本株の売り越しとなった。 こうした資金流入により、日経平均株価は過去3カ月で21%上昇し、世界の指数を上回った。

野村のストラテジスト、上谷一夫氏は「上値余地が大きいゾーンに入りつつある。さもなければ、利益を狙う売りが出る可能性が高い」と述べた。

ニッキーは 150 人の敗者に対して 72 人の勝ち上がりを持っていました。 日本電信電話は25対1の株式分割により2.84%下落し、最も大きく下落した。 (1ドル=144.6200円)

(Rocky Swift によるレポート、Sherry Jacob-Phillips および Rashmi Ich による編集)

READ  日本はイタリアのキウイフルーツへのアクセスを提供するかもしれない | 記事