7月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

分析―日銀がタカ派のダブルサプライズへの扉を開く

分析―日銀がタカ派のダブルサプライズへの扉を開く

木原ライカ著

[東京 3日 ロイター] – 日銀は、7月の量的引き締め(QT)計画は市場が考えているよりも大規模になる可能性があり、持続的緩和を強化する中で利上げを伴う可能性もある、と述べた。 多額のインセンティブ。

先週発行されたタカ派紙幣は、円の再下落を受けて中銀が直面している圧力を浮き彫りにしており、輸入コストの上昇によりインフレ率が目標の2%を超える可能性がある。

同政策に詳しい関係筋3人によると、市場のショックや急激な景気低迷にも関わらず、7月を含むあらゆる政策会合で利上げが議題に上がられ続けている。

関係筋の1人は「インフレの現状を考慮すると、金利は明らかに低すぎる」と述べた。 別の関係筋は「今後の統計次第だが、7月利上げの可能性はある」と述べ、第3関係筋の見方に同調した。

日銀は今月金利をゼロに据え置いた。

しかし、理事会は物価圧力によるインフレ上昇を防ぐため適時の利上げの必要性について議論し、メンバーが利上げを行う可能性を示唆したことが月曜日の会議の概要で示された。

これは銀行が短期的な行動に向けて準備を進めている兆候と受け取られることが多かった。

宇出一夫総裁は会合後記者団に対し、来月の利上げの可能性は排除できないと語った。

日銀は大規模な債券購入を縮小し、5兆ドルのバランスシート規模を縮小する方法に関する詳細な計画の発表を目指しているため、利上げは7月30~31日の会合で市場に大きな影響を与える可能性がある。

上田氏は、日銀が債券買い入れを「小幅」に縮小する可能性があると述べ、その縮小規模は市場が3月に放棄されたイールドカーブ抑制の束縛を確実に振り払うのに十分な大きさになることを示唆した。

他の中央銀行と同様、日銀は債券利回りの望ましくない急激な上昇を回避するQTプログラムを開発することに焦点を当てている。

しかし、QT計画は市場期待の低下を回避し、円安懸念による通貨の急落を引き起こすのに十分なはずだ。

関係筋によると、トレードオフは、日銀が毎月の買い入れを一定の設定ペースで実施する計画を発表する一方、必要に応じてペースを調整できる柔軟性を残すことだという。

詳細について銀行内で合意は得られていないが、ブレインストーミング中のアイデアの1つは、より柔軟に購入を機械的に組織する米国連邦準備制度と同様の設計である。

日銀は、債券購入額を削減する狭い範囲を指定するのではなく、より狭い範囲を指定することでこれを実現できる。 関係筋によると、市場があまりにも不安定になった場合には、緩和を遅らせるか一時的に停止することを約束する「回避条項」を挿入する可能性があるという。

イールドカーブに歪みを生じさせないよう、銀行はさまざまな債券の満期を短縮すると述べた。

委員によると、日銀は7月9─10日に債券市場参加者らと会合を開き、6月に買い入れを「大幅に」削減できることを確実にすることを目指し、どのような計画が有効かについて意見を集める予定だという。 会議の概要が表示されます。

東短リサーチのチーフエコノミストで日銀シニアウォッチャーの加藤出氏は、中央銀行は為替レートの安定の必要性と債券市場の安定の必要性のバランスをとる必要があると述べた。

このため、四半期ごとに債券買い入れの削減幅を拡大する可能性がある。

カトー氏は「円安が続けば、日銀は7月に利下げと利上げの両方を行う可能性がある」と述べた。 「テーパリングを進めるだけでは、さらなる円安を防ぐには十分ではないかもしれない。」

(取材:木原リカ、編集:サム・ホームズ)

READ  旅行:日本一の大阪を探索。 2 熱狂的でない都市