4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

分析—日本では利上げが金融市場の新時代を告げる

分析—日本では利上げが金融市場の新時代を告げる

トム・ウェストブルック著

シンガポール(ロイター) – 日本株が30年ぶりの高値を更新してから数週間後、この国の金融市場は、ここ一世代で見られなかったもう一つの出来事、つまり金利上昇に向かっている。

銀行家たちは、金利が変動し、変動の激しいデリバティブ市場が活性化するトレーディングルームが設定されたときに何をすべきかについての決済授業に参加しており、実際に行動し始めている。

マイナスの短期金利は、数十年にわたる金融政策の金利低下実験の最終段階に先立って、数カ月先の金利低下を織り込んでいる。 日銀は6月までに離脱すると予想されており、金利は来週ゼロに上昇する。

このような動きはわずか10ベーシスポイントだが、トレーダーらはより広範なシグナルに注目することになるだろう。つまり、何らかの変更が直ちに実施されるのか、それとも後で実施されるのか、そして日銀が日本国債からの上場資産に対する大規模な購入プログラムを中止するのかどうかなどである。株式ファンドに。

日本がデフレによってマークされた「失われた」年から脱却し、投資先として世界第4位の経済大国を復活させようとしている中、この指数は重くなっているが、その指数はすでに日本の企業市場と世界市場に波及している。

シティグループ・グローバル・マーケッツ・ジャパンの金融機関営業・ソリューション部門責任者、松本啓太氏は「個人的にはこれが新たな時代の始まりになると考えている」と語った。

同氏は「これは人々の考え方の根本的な変化だ」と述べ、経済の変化に伴い調整には5年か10年かかる可能性があると付け加えた。

最大の影響は、1.3千兆円(8.7兆ドル)の日本の国債市場に及ぶ可能性がある。

松本氏は、中央銀行預金金利の上昇で銀行の資本が債券から現金に急速に引き抜かれる中、投資家は短期証券の売却で恩恵を受けたと述べた。

主要な政策転換により長期金利が急上昇すれば、約2兆2000億ドルの対外債券を保有する日本の投資家は食欲を失い、より身近な紙への投資に転じ、世界の債券市場を下落させる可能性がある。

外国為替では、市場はここ数日で少し逆転しており、円が非常に安くなっているため、日本通貨は少額とはいえ利息を支払う必要があります。

政策変更の可能性が迫り、過去数日間の取引は不安定になっているものの、株式投資家は賭博ローンで銀行保有株を買い占めており、利ざやは拡大するだろう。

日経平均株価は先週4万円を超える記録を記録した後、月曜日に5カ月ぶりの大幅な下落を記録した。

JPモルガン(シンガポール)の販売・マーケティング部門責任者ニラジ・アスホール氏は、「日本経済と金融政策が『より正常』になり、他国と同様になりつつあることについて、かなりの興奮が高まっている」と述べた。

「日本人がデフレからの脱却を続ける中、株式市場はより注目を集め始めている…そして日本がより正常な経済になれば、債券市場やスワップもそれに続くだろう。」

スイートスポット

これまでの日本でのハイキングサイクルはさまざまな条件で行われたため、比較が困難でした。

1989年から1990年にかけて金利を300ベーシスポイント以上引き上げ、10年間経済と株式市場を押しつぶした資産バブルを崩壊させた。 2006年、インフレを抑制できなかったため、ゼロ金利政策を終わらせる取り組みは崩壊した。

現時点では、投資家も政策立案者も、新たな要素として賃金の上昇と企業の姿勢の変化を指摘している。 日銀理事会の前に、金曜日に発表される貿易統計が市場を動かす可能性があり、それが予想外の上値を示した場合は特にそうだ。

バンガードの国際金利責任者、アレス・ゴートニー氏は「市場は依然として日本の長期的な変化を過小評価している」と述べ、同氏は日本国債への空売りエクスポージャーを増やしていると述べた。

「消費を下支えするのに十分な賃金水準があれば、より長期の利上げサイクルに焦点が当てられるだろう。」

日銀が支援を撤回した場合、5年から10年債が最も脆弱で、10年債利回りは1%を超え、ドイツ連邦債などの長期取引(金利は2.3%)が賃金として利用されるだろうと同氏は考えている。消費とインフレが相互に強化し始める。

短期金利期待に連動する日本の2年債利回りは0.2%と13年ぶりの高水準を付け、5年債利回りと10年債利回りはそれぞれ0.4%と0.77%と数か月ぶりの高水準となった。 [JP/]

円は実質ベースで最安値を付けた後、空売り筋が若干後退する中、先週2%上昇し、ドルに対して8カ月ぶりの大幅な週間上昇となった。

このような長期にわたる非公式政策からの脱却には困難が伴い、経済に生じた歪みが解消するには長い時間がかかるだろう。 特に中小企業は、借入コストが高いために課題に直面しています。

野村の日本マクロストラテジスト、ナガ・マツザワ氏は、銀行株への混雑した賭けは、政策変更による損失の「現実を売り込む」ことになりやすいと語る。 今週の市場急落を受けて日銀が株式ファンドの購入を拒否したことは、すでに一部の投資家を懸念させている。

投資家らは、円が1ドル=135円か130円まで上昇すれば世界的な影響を引き起こし、円資金による「キャリー」取引を促す可能性があると指摘している。

それでも、水曜日の1ドル=147円はまだ先の話で、アニマルスピリッツが一時的に日本に戻ってくることを前向きに捉える人が多い。

インダス・キャピタル・パートナーズ(サンフランシスコ)のマネジングパートナー、バイロン・ギル氏は「2024年には日本は不動産市場が過熱することもなく、デフレから抜け出せない」と述べ、名目金利からインフレを差し引いた実質金利はゼロ以下になるだろうと付け加えた。

同氏は「同時に、賃金の伸びはインフレ率を上回っている」と述べた。 「日本は経済とリスク資産の両方にとって真のスイートスポットに立つ可能性がある。」

(Tom Westbrook によるレポート、シンガポールの Vidya Ranganathan による追加レポート、Kim Coggle による編集)

READ  「フリーダムホタテ」: シーフード戦争についてはおそらく知らなかったでしょう