5月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

分析 – 日本のインフレ復活で投資家は古い戦略を破る |  WKZO | すべてのカラマズー

分析 – 日本のインフレ復活で投資家は古い戦略を破る | WKZO | すべてのカラマズー

ナオミ・ロヴニク、ケビン・バックランド著

ロンドン/東京(ロイター) – 何十年にもわたる物価下落を経て、世界的なインフレ要因がついに日本経済に浸透しつつあり、投資家は日本への賭けを真剣に再考する必要に迫られている。

日本の高齢化や円安の恩恵を受ける銘柄を長年好んできた海外投資家は、戦略を打ち破り、予想される金利上昇、より寛大な配当、個人消費の復活に焦点を当てている。

政策変更は遅いが、2024年の長期インフレ率が2%になることが実際に実現すれば、日本への全く新しい投資方法が到来する可能性がある。

価格の下落が続くと予想していない日本の買い物客は、多額の購入をする可能性がある。 日銀が数年ぶりに金利をゼロ以上に引き下げれば、銀行の与信限度額が引き上げられる可能性がある。

日本の株式市場はすでに1990年以来の高値まで上昇しており、消費者株と金融株が国内指数を上回っている。 マイナス面としては、インフレが日本国債の見通しを暗いものにしている。

「金利政策は歴史的な転換を迎えている」とシンガポールに本拠を置く総額5億ドルのヘッジファンド、フォーシーズンズ・アジア・インベストメントの幸田茂香最高経営責任者(CEO)は語った。

「何か新しいことがあるよ。」

銀行の頭上火葬およびケーキ製造ロボット

日本の人口高齢化により、日本の火葬会社は外国人投資家にとって最有力候補の一つとなっており、同社の株価は5年間で700%近く上昇した。

幸田氏の上位には、火葬場運営会社のコシド・ホールディングスや、労働力の減少に対処する食品メーカーを支援するケーキ製造ロボットを販売するライアン・オートマチック・マシナリーなどが含まれる。

しかし8月、幸田氏は日本の金利が上昇すると信じているため、同ファンドの17年間の歴史で初めて日本の銀行九州フィナンシャルを最大のポジションに選んだ。

ピクテ・アセット・マネジメント(東京)の投資担当副社長、スティーブ・ドンゼ氏も日本の銀行株を購入していると述べた。

ジャナス・ヘンダーソンの日本株部門責任者、井上純一氏によれば、消費者企業はエネルギーや食料のコストの上昇を顧客に転嫁することで収益と利益を増やすため、価格決定力に焦点を当てていた。

「私はコンビニが大好きです」と彼は言いました。 「利益率は実際に増加しており、利益は良好です。これはポジティブな驚きです。」

新しいダイナミクス?

インフレ調整後の日本の賃金は9月まで18カ月連続で減少した。 しかし、大手雇用主は春には大幅な賃上げに同意するとみられる。

プラチナ・アセット・マネジメント(シドニー)のポートフォリオマネジャー、ジェームス・ホールズ氏は、「インフレが安定するためには、サービス業のインフレが本格化するのを見極める必要がある」と述べ、インフレは賃金によって左右されると述べた。

金曜のデータによると、コア消費者物価は10月に再び加速し、19カ月連続で目標を上回る見通しとなった。

11月14日に発表されたバンク・オブ・アメリカの調査によると、世界のファンドマネジャーは2018年3月以降、日本株に対する見方がより前向きになっている。 ウォーレン・バフェット氏が買います。

東京株式市場の主要指数の一つである日本のTOPICS指数は、コーポレートガバナンス改革の追い風を受けて今年26%上昇した。

ダブリンに本拠を置くKBIグローバル・インベスターズのシニア・ポートフォリオ・マネジャー、デービッド・ホガティ氏は、インフレ上昇により企業に配当増額の圧力がかかるため、日本に前向きになったと述べた。

同氏は、「一般に、インフレ時に配当を増額すると、人々はそれを好む」と述べ、現在、日本は前年比20%と世界で最も高い配当成長率を示していると付け加えた。

絆の痛み

日本のインフレは債券投資家が苦しむ可能性があることを意味する。 インフレの上昇により、固定利付債券の魅力が低下します。

日銀は利回りをコントロールし、国内の借入コストを抑制するために国債を買い取ることで債券市場を長年支えてきた。 しかし、日銀が金融引き締めを余儀なくされるなか、投資家はいわゆるイールドカーブ・コントロール政策に警戒している。

ニュートン・インベストメント・マネジメントのグローバル債券ポートフォリオマネジャー、ジョン・デイ氏は、米国や欧州と異なり、日本にとってインフレは「おそらく一時的ではない」と述べた。

「確かに債券市場はそれを完全に織り込んでいない。」 5年国債利回りは0.35%程度です。 デイ氏は、日本では長期インフレ率が1%であっても「恐ろしいリターン」であると述べた。

米連邦準備理事会(FRB)が積極的に政策金利を5.25~5.5%に引き上げたことで、米国債は3年連続の大幅な価格下落に直面している。 マイナス0.1%で、主要中央銀行の中でマイナス金利を導入しているのは日銀だけである。

欧州最大のファンドマネジャー、アムンディの債券部門最高投資責任者(CIO)グレゴワール・ペスク氏は、債券価格が下落し、利回りが現在の0.8%から上昇すると予想しているため、10年国債が不足していると述べた。

利回りの上昇により、最終的にボロボロの円が持ち上がるだろう。

日銀がイールドカーブコントロールの見直しを示唆したことを受けて、2022年12月に1ドル=133円で最高値を付けた円は、先週151.92円まで下落した。

ピクデのドンゼ氏は「旅行の方向性は明確で、持続不可能な緩和(金融)政策から離れている」と述べ、「2024年に向けて通貨高が進む」と予想した。

(ロンドンではナオミ・ロヴニク、東京ではケビン・バックランドがレポート、タラ・ラナシンゲとジェーン・メリマンが編集)

READ  雨が南海岸を襲い続けているため、日本では500万人が避難命令を受けています