4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

初日決勝戦のライブ概要

初日決勝戦のライブ概要

2024 Pac-12 男子選手権

水曜日に予定されている決勝戦のヒートシート(リレー編成あり)

2024 Pac-12 男子チャンピオンシップが今夜ワシントンのフェデラルウェイで開幕します。 今夜は200メートルメドレーと800メートル自由形の決勝が予定されており、個人種目は明日の朝から始まる。

カリフォルニアは今夜の両ステージでトップシードだが、ここフェデラルでは何人かの主要選手を欠場することになる。 ジャック・アレクシーデスティン・ラスコデア・ローズ、 そして ガブリエル・ジェット 彼らは全員、この大会の代わりにウェストモント・プロスイムシリーズ(LCM)に出場する予定だ。 カルは今シーズンの200メートルメドレーリレーで1:21.67という速さだったが、ASUは今季1:21.77(カルとはわずか0.10差)で、フルチームでこの選手権に臨むことになる。

アリゾナ州立大学 レオン・マルシャン 彼は今夜両方のフェーズに登場し、メドレーリレーで平泳ぎを泳ぎ、800メートルフリースタイルリレーでトップに立った。 マルシャンは昨年のこの大会でもASUリレーの先頭に立ち、現在の自己ベストタイム1分30秒77を記録した。 このリレーではカル (6:10.38) とスタンフォード (6:12.28) が 1 位と 2 位となり、ASU (6:13.66) が 3 位シードとなりました。 ASU は、6:05.08 と 6:06.30 というこの大会の大会記録と Pac-12 全体記録を保持しています。

男子200メートルメドレーリレー決勝

  • NCAA 記録: 1:20.67、ノースカロライナ州 – 2023 NCAA チャンピオンシップ
  • Pac-12 記録: 1:21.07、アリゾナ州 – 2023 NCAA チャンピオンシップ
  • Pac-12 チャンピオンシップ記録: 1:21.69、アリゾナ州 – 2023 Pac-12 チャンピオンシップ
  • NCAAカット: 1:23.71

完全な結果:

  1. アリゾナ州立 – 1:20.55 *NCAA記録*
  2. アリゾナ – 1:22.90 (NCAA「A」カット)
  3. スタンフォード – 1:23.14 (NCAA「A」カット)
  4. 計算値 – 1:24.63
  5. USC – 1:25.84
  6. ユタ州 – 1:27.03

アリゾナ州立大学の男子チームが、2024年Pac-12トーナメントを記録的な形で開幕させた。 1:20.55で壁にぶつかり、200メートルメドレーリレー、サンデビルクワッドで優勝 ジャック・ドーランレオン・マルシャンイリヤ・カロン、 そして ジョニー・コロ 史上最速タイムを記録した。

彼らのタイムは、ノースカロライナ州立大学が2023年のNCAAタイトル獲得に向けて樹立したNCAA記録の1分20秒67を0.12秒下回った。ドーランとマルシャンは最初の100メートルで彼らのペースを0.30下回ったが、カロンとコロはリードを保った。後半で記録の下に潜り込む。

レース後のインタビューでコロは、チームがPac-12チャンピオンシップへの出場資格を獲得したが、このリレーには「長い道のり」があると述べた。 ASU の NCAA 記録リレーの詳細については、こちらをご覧ください。

分割を比較します。

アリゾナ州立大学のNCAA新記録: ノースカロライナ州立大学のこれまでの NCAA 記録:
バックブロー ジャック・ドーラン – 20.30 カスパー・ストコフスキー – 20.36
胸部打撃 レオン・マルシャン – 22.71 メイソンハンター – 22.95
イリヤ・カロン – 19.30 ニルス・コルスタンジェ – 19.15
無料 ジョニー・コロ – 18.24 デビッド・カーティス – 18.21
合計時間 1:20.55 1:20.67

アリゾナ・ワイルドキャッツがNCAA「A」カットの壁にぶつかり2位でフィニッシュ ライアン・パーディ (21.26)、 ライアン・フット (23.37)、 セス・ミラー (19.94)、および トミー・パーマー (18.33) 彼らは最後にチームを組み、タイムは 1:22.90 でした。 彼らは、シーズン初めのミネソタ招待で記録された1:24.03の入場タイムから1秒短縮しました。 彼らの泳ぎも学校新記録でした。

スタンフォードはカルテットとして表彰台を獲得した レックス・マウラー (20.94)、 ロン・ポロンスキー (23.17)、 ラファエル・ジョー (19.97)、および ジョナサン・タン (19.06) 彼は 1:23.14 のタイムでレースを終えました。 ゴールデンベアーズは1分24秒63で4位となった。

レースビデオとインタビュー、YouTube の Pac-12 ネットワーク提供:

男子 800 フリースタイル リレー – 決勝

  • NCAA 記録: 6:03.42、テキサス – 2023 NCAA チャンピオンシップ
  • Pac-12 記録: 6:05.08、アリゾナ州 – 2023 NCAA チャンピオンシップ
  • Pac-12 チャンピオンシップ記録: 6:06.30、アリゾナ州 – 2023 Pac-12 チャンピオンシップ
  • NCAAカット: 6:16.02

完全な結果:

  1. アリゾナ州 – 6:06.14 *優勝記録*
  2. スタンフォード – 6:10.08 (NCAA「A」カット)
  3. 計算 – 6:10.53 (NCAA「A」カット)
  4. アリゾナ – 6:15.72 (NCAA「A」カット)
  5. USC – 6:20.70
  6. ユタ州 – 6:27.28

サンデビルズはリレー初日の全勝を達成し、800メートルフリースタイルリレーで優勝し、大会新記録を樹立した。 6分06秒14でタッチパッドを叩いたことで、1年前の大会記録から0.16秒短縮した。 レオン・マルシャン 自己ベストを更新する1分30秒43で素晴らしいスタートを切った。 これまでの自己ベストは1分30秒77で、前回の大会記録を上回った。

パトリック・サモン (1:31.97)、 オーウェン・マクドナルド (1:32.00)、および ジュリアン・ヒル (1:31.74) 今夜の記録破りのリレーにマルシャンと一緒に参加しましょう。 ヒルは昨年、Pac-12のアンカーとして1分31秒86を記録し、NCAAリレーでは1分31秒96を記録して2位となり、ASUにとって1分31秒台の安定感は非常に重要だった。

分割を比較します。

スタンフォードは入場タイムを2秒以上短縮して2位となった(6:10.08)。 アンドレス・デュポン・カブレラ (1:32.42)、 アンドレイ・ミナコフ (1:33.88)、 リュック・マウラー (1:32.91)、および ヘンリー・マクファーデン (1:30.87) カージナルスは今夜 B 代表です レックス・マウラー ラインナップからは明らかに抜けています。 マウラーはその夜の早い時間に行われた200メートルメドレーリレーで3位に入った。 デュポン・カブレラとの冒頭のスプリット(1分32秒42)は、ほぼ1秒の差の自己ベストだ。

READ  USMNTはワールドカップの出場権を獲得します。コスタリカへの敗北に惑わされないでください。アメリカンフットボールの未来は明るいです。

カルは今夜、6:10.53のタイムで3位に入りました。 ロビン・ハンソン (1:31.95)、 キートン・ジョーンズ (1:32.49)、 ディラン・ホーク (1:34.10)、および トレント・フランドソン (1:31.99) はカルテットに登場します。 フランソンのアンカーは特に印象的で、スタンディングスタートタイムとしては1分34秒96というベストタイムを記録した。

アリゾナ・ワイルドキャッツは、6分15秒72で4位となり、この夜2度目となるNCAA「A」カットを獲得した。

チーム成績(1日目終了後)

  • 先週行われた飛び込みは初日の結果に考慮された。
  1. 南カリフォルニア大学 – 183 ポイント
  2. カロリー – 175 ポイント
  3. アリゾナ – 154 ポイント
  4. アリゾナ州立大学 – 150 ポイント
  5. スタンフォード – 106 ポイント
  6. ユタ州 – 75 ポイント