6月 20, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

北朝鮮、「人工衛星」打ち上げを発表:日本

北朝鮮、「人工衛星」打ち上げを発表:日本

日本は月曜日、北朝鮮は今後数週間以内に北朝鮮が人工衛星と称するものを発射する準備をしているが、日本政府は弾道ミサイルの可能性があると考えていると発表した。

海上保安庁報道官がAFPに語ったところによると、北朝鮮は日本の海上保安庁に対し、5月31日から6月11日までの間にロケットが発射され、黄海、東シナ海、フィリピンのルソン島東方の海域に着弾すると通告した。

しかし、首相官邸はツイートで、岸田文雄氏が「北朝鮮による衛星と称される弾道ミサイル発射の発表について」指示を出したと述べた。

同氏は当局者に対し、情報を収集し、警戒を続けるとともに、米国や韓国を含む同盟国と緊密に連携するよう指示した。

広告 – スクロールして続行してください

日本の防衛省は、日本の領土内に落下したことが確認された弾道ミサイルを破壊するよう防空軍に命令した。

同省によると、軍隊は空中で飛翔体を撃墜するために標準ミサイルSM-3とパトリオットミサイルPAC-3の使用が許可されるという。

岸田氏は記者団に対し「たとえ人工衛星と言われても、弾道ミサイル技術を使って打ち上げることは国連安全保障理事会決議違反であり、国民の安全を脅かす重大な問題だ」と語った。

広告 – スクロールして続行してください

北朝鮮はここ数カ月間、ミサイル発射を強化しており、日本の一部で緊急警報システムを作動させている。

一方、韓国と日本は、北朝鮮の軍事的脅威に対抗するための協力強化など、長年の緊張関係の修復に取り組んできた。

岸田氏は月曜日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談の可能性について質問され、日本側は対話に応じる用意があると繰り返し、「確実な進展」を図ることに関心があると述べた。

広告 – スクロールして続行してください

一方、北朝鮮の国営メディアは、日本との関係に対する融和的なアプローチを支持するかのような外務省次官の声明を発表したが、これは北朝鮮にとって異例の姿勢だ。

朴相吉氏は声明で、日本が「過去にとらわれることなく関係改善の道を模索しているのであれば、朝朝が会わない理由はない」と述べた。

tmo/sah/mca

READ  台湾の12月の輸出注文は過去最高に達し、サプライチェーンに警告