7月 17, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

北朝鮮と中国の脅威が高まる中、米国はアジアの同盟国との安全保障パートナーシップを封鎖している

北朝鮮と中国の脅威が高まる中、米国はアジアの同盟国との安全保障パートナーシップを封鎖している

韓国・金海空軍基地(AP通信)-米国は土曜日、東シナ海で日本および韓国と初のマルチドメイン演習を終了したが、これはアジアの主要同盟国との防衛パートナーシップを強化し固定するという米国の取り組みの一歩前進となった。 北朝鮮と中国の脅威が増大する中。

3日間のフリーダムエッジでは、共同の弾道ミサイル防衛、対潜水艦戦、監視、その他の技術と能力を向上させるため、空軍と海軍の同時演習によりこれまでの演習をさらに洗練させた。


今後数年間で拡大が見込まれるこの演習は、ミサイル警報を共有する各国の能力を向上させることを目的としており、北朝鮮がより高度なシステムの実験を続ける中で特に重要である。

オーストラリアを除けば、米国と作戦を調整できるほど高度な軍隊を擁する米国のパートナーは日本と韓国だけだ。 シンガポールを拠点とするセキュリティインテリジェンス会社ジェーンズのアナリスト、リッツワン・ラフマット氏は、同業他社も対応できると述べた。

「これは典型的な戦闘状況に関係する種類の相互運用性です」とラーマット氏は語った。 「このような三国間演習の目的は、三軍間の相互運用性を向上させ、統合戦闘力としてより良く戦えるようにすることである。」

このような訓練は緊張が高まる危険があり、中国は自国の勢力範囲とみなす演習を日常的に非難しており、北朝鮮はすでに空母セオドア・ルーズベルト空母群の釜山港の韓国海軍司令部訪問を非難している。 そしてその金海空軍基地であるフリーダムエッジは、「挑発的」かつ「危険」であるとして建設中である。

水曜日、韓国の尹錫悦大統領は、北朝鮮が多弾頭ミサイルと称するミサイルの発射実験を行った釜山のルーズベルト大統領訪問の翌日、1994年以来、米空母に乗船した初めての韓国大統領となった。 確認されれば開発兵器。

韓国軍は、韓米当局による共同分析の結果、北朝鮮のミサイルは失敗したと結論づけたと発表した。

第二次世界大戦前後の大日本帝国による残忍な朝鮮占領に対する根深い憤りから、日韓両国が関与する防衛協力は尹氏と日本の岸田文雄首相の双方にとって政治的な問題となっていた。

両国は東アジアにおける米国の同盟国の中で最大の軍隊を擁しており、両国合わせて8万人の米軍が自国の領土内に駐留しているが、米国は歴史を理由に両国と協力するよりも協力する傾向にある。

岸田氏の国防費増額や韓国との協力は一般に日本国民に好評だが、尹氏の国内での魅力は弱まり、党内右派との摩擦を引き起こしている。

拓殖大学(東京)の佐藤平子教授(国際政治・安全保障専門家)は「尹政権下での韓国の対日関係改善は非常に重要だ」と述べた。

韓国当局者らは最近、両首脳が新大統領の就任を前に米国との安全保障関係を強化しようとしていると述べた。 北朝鮮による潜在的な攻撃に対応するための共同アプローチ

オーストラリア戦略政策研究所の安全保障アナリスト、ユアン・グラハム氏は、ジョー・バイデン米大統領政権は長年、韓国と日本の協力強化に取り組んできたが、大統領就任当初には多くの人がそれが可能だとは考えていなかった、と述べた。

「それが当然のこととして称賛されるべきだ。それが起こっているという事実は、政権の地域政策の驚くべき成果だ」と彼は述べた。

ドナルド・トランプ前米大統領は在任中、北朝鮮の金正恩氏との対面会談中に米軍駐留経費の増額を要求し、両国との摩擦を引き起こしてきた。

グラハム氏は、バイデン政権下で、米国はますます洗練された演習や外交協定によって同盟体制の安定化を目指していると述べた。

同氏は、「これは、敵対国の挑戦だけでなく、第二次トランプ政権の不確実性を考慮して、同盟関係を可能な限り有利に調整しようとする米国の取り組みだ」と述べた。 「彼らは、こうした協力の習慣をできる限り制度化しようとしているのです。」

厳しい国際制裁にもかかわらず、金正恩氏の兵器計画が加速し続ける中、北朝鮮との緊張はここ数年で最高点に達している。

一方、中国は核兵器と通常兵器の両方で大規模な軍備増強を進めており、現在では世界最大の海軍を保有している。 中国は自治領の台湾島と南シナ海全体を自国の領土だと主張しており、軍にその主張を押し付けようとしている。

中国と北朝鮮は、対ウクライナ戦争においてロシアにとって最も緊密な同盟国の一つである一方、ロシアと中国は北朝鮮や、2021年に政権を掌握して常に激しい反対に直面してきたミャンマーの軍事指導者にとっても重要な同盟国である。 あの国の内戦中。

平壌では今月、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と金正恩氏が相互防衛協定を結び、攻撃された場合には相手方を助けることで合意し、地域内の他国を震撼させた。

全体の艦艇の数が多いにもかかわらず、米海軍の空母が 11 隻であるのに対し、中国はまだ空母を 3 隻しか保有していません。これはおそらく、母国から遠く離れた国に幅広い力をもたらすための最良の手段です。

しかし、中国の利点は、主な関心事がインド太平洋の隣接海域であるのに対し、米国政府が世界に焦点を当てているのは、広範囲に分散した海軍資産であることである。 東シナ海での日本と韓国との演習後、ルーズベルト大統領はイエメンの反政府勢力フーシ派の攻撃から船舶を守るため中東に向かう予定だ。

このため、日本と韓国だけでなく、オーストラリア、フィリピン、台湾、その他地域諸国との強力な防衛パートナーシップが重要となっており、その構築がバイデン政権の優先事項となっている。

「アメリカ海軍と比較した中国海軍の弱点の一つは、船体の数にもかかわらず、友好港のネットワークが欠けていることだ。プロパガンダだ」とラーマット氏は語った。

「アメリカ海軍の強みの一つは、艦艇や技術だけではなく、友好港の広大なネットワークを呼び寄せる能力であり、この強みを認識し、地域全体でのパートナーシップを増やすことでその強みはさらに倍増する。」

___

AP通信記者の山口真理氏が東京からこの記事に寄稿した。

READ  「毎分、毎時それだけの価値があります」