8月 12, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

北朝鮮は、COVIDの発生について、南部との国境近くの「ストレンジャー・シングス」を非難している

北朝鮮は、COVIDの発生について、南部との国境近くの「ストレンジャー・シングス」を非難している

ソウル(ロイター)-北朝鮮は金曜日、韓国でのCOVID-19ウイルスの最初の発生は、韓国との国境近くの「ストレンジャー・シングス」と接触した患者から始まり、明らかに感染の波のせいで隣人を非難したと主張した。孤立した地域で。 国。

朝鮮中央通信は、北朝鮮が調査結果を発表した際、「境界線や国境沿いの風やその他の気象現象や気球などの奇妙な事態に注意深く対処するように」と命じたと語った。

当局は韓国について直接言及しなかったが、何十年もの間、北朝鮮の脱北者と活動家は、非常に要塞化された国境を越えて南から気球を発射し、チラシと人道援助を運んできた。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

南北問題を扱う韓国統一部は、国境を越えて送られたチラシを通じて、ウイルスが北朝鮮に侵入する可能性は「ない」と述べた。

朝鮮中央通信によると、4月上旬に金剛山東部の「兵舎周辺の丘や住宅街」で身元不明品と接触した18歳の兵士と5歳の少女が症状を示し、後でウイルスに対して陽性であるとテストされました。 コロナウイルス。

4月中旬の時点で国内で報告された他のすべての発熱症例は他の病気によるものであると当局は述べたが、詳細は明らかにしなかった。

ソウルの北朝鮮研究大学のヤン・ムージン教授は、「科学的に言えば、ウイルスが物事に広がる可能性が非常に低いことを考えると、北朝鮮の主張を信じることは難しい」と述べた。

米国疾病予防管理センターは、汚染された表面や物体との接触によってCOVIDに感染するリスクは、可能ではありますが、一般的に低いと考えられていると述べています。

北朝鮮はまた、最初の2人の患者が4月上旬に東部の町で身元不明の物体に触れたと述べたが、今年初めて亡命者グループが国境を越えて気球を送ったことが知られているのは、西部金浦地域からの4月下旬であった。 続きを読む

北朝鮮がコロナウイルスの発生を最初に受け入れたのは、2020年初頭から中国との貨物列車の運行を再開するために実施されていた国境閉鎖を緩和してから数か月後のことでした。

慶南大学校極東研究所のリム・ヨルチョル教授は、北朝鮮が中国に指を向けるのは難しいと述べた。

「ウイルスが中国からのものであることがわかった場合、北朝鮮と中国の貿易の別の後退で国境地域の検疫措置を強化する必要があるだろう」とリム氏は述べた。

北朝鮮は、COVIDの波が弱まる兆候を示していると主張しているが、専門家は、政府が管理するメディアによって発表された数字の報道が不十分であると疑っている。

北朝鮮は金曜日にさらに4,570人が発熱の症状を示し、4月下旬以降の発熱患者の総数は474万人と報告した。

平壌は、明らかにテストキットの不足のために、彼らがCOVIDに感染したかどうかを特定せずに1日あたりの発熱患者の数を報告しました。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

(Su HyangChoiとJoshSmithによる報告)。 レスリー・アドラー、リチャード・チャン、ラジュ・ゴパラクリシュナンによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  衛星画像は、ロシアの軍事的準備の新しい段階を示しています