7月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

取引終了時点で日本の株価は上昇。  Investing.comによると、日経225は0.72%上昇した

取引終了時点で日本の株価は上昇。 Investing.comによると、日経225は0.72%上昇した

©ロイター。 取引終了時点で日本の株価は上昇。 日経平均株価は0.72%上昇

Investing.com – およびセクターの上昇が株価を押し上げたため、木曜日の取引終了後、日本株は上昇した。

東京終盤では0.72%上昇した。

その日のセッションのベストパフォーマー 太平洋金属株式会社 (TYO: )、5.06%または80.00ポイント上昇し、1,662.00で取引されました。 その間、 東京エレクトロン株式会社 (TYO:) 3.25% または 685.00 ポイントを追加すると 21,750.00、および 味の素株式会社 (TYO: ) は終盤の取引で 3.17% (185.00 ポイント) 上昇し 6,029.00 となりました。

このセッションで最もパフォーマンスが悪かったのは東洋一生命ホールディングス (TYO:) で、1.31% (35.00 ポイント) 下落し 2,641.50 で取引されました。 三井化学株式会社 (TYO:) は 1.24% (49.00 ポイント) 下落して 3,914.00 となりました。 株式会社クラーレ (TYO: ) は 1.19% (19.00 ポイント) 下落して 1,578.00 となりました。

東京証券取引所の株価は、それまでの252銘柄に対し、2206年は変わらずの1,383銘柄で終了した。

味の素株式会社 (TYO:) 株価は史上最高値を記録。 3.17%(185.00)上昇して6,029.00。

日経225オプションのインプライド・ボラティリティの指標は2.49%低下し18.39となった。

10月渡しの原油は0.71%(0.56ドル)安の78.33ドル。 その他の商品取引では、ブレント原油10月渡しは0.61%(0.51ドル)下落し、1バレル当たり82.70ドルとなった一方、金先物12月限は0.05%(1.00ドル)上昇し、1トロイオンス当たり1,949.10ドルで取引された。

米ドル/円は0.25%上昇して145.19、ユーロ/円は0.15%上昇して157.57となった。

ドル指数先物は0.09%高の103.43。

READ  日本の日経は下落するが、ウォールストリートによって閉鎖された損失は自信を取り戻す