5月 23, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

台湾、戦時中の最後の「慰安婦」が92歳で死亡と発表

台湾、戦時中の最後の「慰安婦」が92歳で死亡と発表

台湾外務省は火曜日、日本の戦時中の性奴隷制度から生き残ったことが知られている最後の台湾人が92歳で死去したと発表し、この問題は「人類の歴史における傷」であると述べた。

「慰安婦」と呼ばれる20万人以上の女性は、第二次世界大戦中に日本軍によって性奴隷にされたが、そのほとんどは韓国人だが、アジアの他の地域からも来た。

台北の女性救援財団によると、1895年から1945年まで日本に統治されていた台湾では、長年にわたって60人近くの女性が生存者として名乗り出ている。 しかし、少なくとも2,000人はいたと推定されている。

財団によると、「おばあちゃん」と呼ばれる島の最後の生存者は5月10日に92歳で亡くなった。

外務省のジェフ・リュー報道官は火曜日、「『慰安婦』問題は人類の歴史の傷であり、政府は元台湾人(生存者)の尊厳と福祉を非常に重視している」と述べた。

広告 – スクロールして続行してください

「(政府は)引き続き日本政府に懸念を表明し、台湾人『慰安婦』とその家族に対する謝罪と補償を求める我々の要求に応えるよう日本側に要請する」と述べた。

戦時中の日本の女性奴隷化は、アジア全体で政治的に問題となった。

政府は日本の過去の残虐行為を認めているが、政府当局は数十年にわたり女性の奴隷化に対する全責任を負うことを拒否してきたと批評家らは言う。

広告 – スクロールして続行してください

日本政府は、被害者らは民間人によって商業的に運営されている軍の売春宿に勧誘されたと発表している。

この事件は台湾で抗議活動を引き起こし、女性団体は生存者への賠償を求めているが、この賠償金を正式に受け取ったのは韓国だけだ。

台北市婦人救援財団は、最後の「祖母」が亡くなった後も、日本に対し被害者への賠償を要求し続けると述べた。

広告 – スクロールして続行してください

同団体は「祖母は全員亡くなったが、彼らの魂が私たちの心の中で永遠に生き続けることを願っている」と述べ、台湾生存者の歴史を教科書に載せることを誓った。

「この歴史は、おばあちゃんの死によって消えることはありません。」

READ  Starlinkが日本で利用可能になりました