5月 30, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

周回する太陽電池モジュールは、太陽の繊細なコロナを驚くほど詳細に捉えます。 [Video]

周回する太陽電池モジュールは、太陽の繊細なコロナを驚くほど詳細に捉えます。 [Video]

ソーラー・オービターの使命は、太陽を間近で高緯度で研究し、太陽の極の最初の画像を提供し、太陽圏を探索することです。 出典: ESA/ATG メディアラボ

欧州宇宙機関のソーラーオービターが協力して撮影した、太陽の驚くべきクローズアップビューにより、その動的な磁気構造と極端な温度が明らかになります。 NASAパーカーソーラープローブ。

この刻々と変化する風景 (下のビデオを参照) は、太陽を間近で見るとどのように見えるかです。 の 欧州宇宙機関さんの 太陽の軌道 太陽の下層大気からより高温の外側コロナへの移行が描かれています。 髪の毛のような構造は帯電したガス (プラズマ)、太陽の内部から現れる磁力線を追跡します。

最も明るい領域は約100万度です 摂氏一方、冷たい物質は放射線を吸収するため黒く見えます。

このビデオは、2023 年 9 月 27 日にソーラー オービターの極端紫外線イメージャー (EUI) 機器によって記録されました。 当時、探査機は太陽から地球の約3分の1の距離にあり、2023年10月7日の2700万マイル(4300万キロ)の最接近に向かっていた。

このビデオが録画されたのと同じ日に、NASA のパーカー太陽探査機がちょうどスキャンを行っていました。 451万 マイル (726 万キロメートル) 太陽の表面から。 パーカーは、太陽を直接画像化する代わりに、太陽のコロナと太陽風の中の粒子と磁場を測定しました。 ESA主導のソーラー・オービターのリモートセンシング機器が、後にパーカー太陽探査機を通過する太陽風の発生源領域を監視していたため、これは2つのミッションが協力する理想的な機会となった。

コケ、針状突起、噴火、雨を見つける

左下隅: この映画全体で見られる興味深い特徴は、明るいガスが太陽全体に繊細なレースのようなパターンを形成していることです。 これを冠状の「苔」と呼びます。 通常、選択した機器設定では見ることができないほど熱すぎるか、弱すぎる大きな冠状ループの基部の周囲に現れます。

太陽の地平線上: スピキュールとして知られるガスの塔が、太陽の彩層のはるか上空に達しています。 高度は 10,000 km (6,200 マイル) に達することがあります。

0:22 あたりの中央: 視野の中央に小さな噴火があり、冷たい物質が上部に上昇し、その後そのほとんどが下部に後退します。 ここで「小さい」という言葉を使っていることに騙されないでください。この噴火は地球よりも大きいのです。

0:30頃の中央左:「冷たい」コロナの雨(おそらく摂氏10,000度/18,000度未満)は、大きなコロナリング(摂氏約100万度)の明るい背景に対して暗く見えます。 雨は高密度のプラズマの塊で構成されており、重力の影響で太陽に向かって後退します。


これは上と同じビデオですが、キャプションはありません。 画像クレジット: ESA/NASA/Solar Orbiter/EUI チーム

READ  太陽の一部が割れ、科学者たちは困惑