11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

国家は新しい形の資本主義を創造しようとすべきである

日本政府は岸田文雄首相が主張するように、新しい形の資本主義を生み出すグループを団結させることを計画している。 このグループは、「成長と分配の好循環」を明確にもたらすことを目指します。

政府は金曜日に委員会を設置することを決定した。 岸田がこれをリードします。 すべての閣僚がメンバーになります。 政府は開発戦略委員会を廃止する予定です。 グループは経済開発活動を検討しています。

グループはグループ内に形成されます。 民間セ​​クターから15人の専門家が参加します。 その中には渋澤健がいます。 彼は投資信託の会長です。 彼は日本の資本主義の父として知られる実業家、渋沢市の孫でした。 初音ミクと吉野ドモコもチームに加わります。 平野美久はAI開発会社を経営しています。 吉野ドモコは最近、日本最大の労働組合総連合である日本労働組合総連合会または練行足の最初の女性リーダーに選出された。

岸田は「成長と分配の好循環」をもたらすことで人々の収入を増やしたいと考えています。 彼は中産階級を復活させたいと思っています。

委員会は、グループが賃金を上げることを奨励する可能性のある税制上の優遇措置について話し合う予定です。 また、介護者や育児従事者の給与を上げるための方策についても話し合います。

グループは今月最初の会議を開催します。

READ  オーストラリア、日本、韓国が予選