11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

地主は危険なアダミ地滑りのために殺人罪で起訴されました

社会的ライフスタイル


静岡県熱海市11月 10(Gigi Press)-熱海県静岡県中部地方で壊滅的な地滑りの影響を受けた家族は、地滑りが始まった土地の現在および以前の所有者を非難し、水曜日に刑事告訴を行った。 殺人を犯す。

7月の地滑りで死亡した26人のうち6人の家族のうち5人が地元の警察に不満を述べている。

訴状では、2011年まで土地を所有していた現所有者と元所有者が、安全対策を講じないと地滑りが発生し、住民が死亡することを知って塚を離れたと主張している。 撮影。

訴状によると、行動を起こさなかった場合、所有者は殺人罪で起訴されることになります。

「娘のことを考えずにはいられない日はない」と家族5人のうちの1人である恋蔵陽子氏は記者団に語った。 「殺人だったと思う」と、44歳で土砂崩れで亡くなった西澤有希さんの71歳の母親、恋蔵さん。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

ジジプレス

READ  社説| 新日本製鐵対トヨタは、中国のリスクを真剣に受け止める時が来たことを示している