2月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

地球上の生命の起源はずっとここにあったかもしれない

地球上の生命の起源はずっとここにあったかもしれない

地球上の生命の起源は常に謎でした。 科学者たちは長年にわたり、私たちの地球上の進化を決定づけた生命の構成要素は小惑星、彗星、または隕石から来たものであると信じて星に注目してきました。 しかし現在、地球上の生命の本当の起源はずっと地球にあったのではないかと言う科学者もいます。

ある 新しい用紙 購読しました 科学の進歩に公開された新しい記事に加えて、 会話「もし私たちの惑星の生命の起源がずっとここにあったとしたらどうなるでしょうか?」という疑問が生じます。 これは地球上で生命がどこで始まったかを知る興味深い方法であり、関与した研究者らは、生命を可能にした元素(揮発性物質と呼ばれる)は最初から地球上に存在していた可能性があると述べている。

炭素、水素、窒素、および研究者がカルコゲンと呼ぶ元素群など、いくつかの元素は揮発性であると考えられています。 これらの揮発性物質には硫黄、セレン、テルルも含まれており、他の元素よりも容易に蒸発します。 そして、彼らがどのようにして地球に到達したのかを理解することは、地球上の生命の起源を理解するのにも役立つかもしれません。

画像出典: H_Ko/Adobe

として知られている最も一般的な理論です。 後期皮質理論彼は、地球は最初に低揮発性物質から形成されたと述べています。 しかし、揮発性物質が豊富な物体(隕石、彗星、小惑星)が惑星の表面に衝突し始めて惑星の完全な形成が可能になった後、より高濃度の揮発性物質が出現し始めました。

しかし、この理論の問題は、揮発性物質が豊富なこれらの天体が地球の質量の約 0.5 パーセントしか占めていないことです。 そのため、これらの元素のほとんどは、地球の核が形成されてからしばらく経つまで到着しません。 一方、新しい研究では、地球にはこれらの揮発性物質が独自に存在しており、生命に不可欠な要素は惑星の形成初期の最初から存在していたという。

研究者らによると、この研究は地球上の水の起源を追跡する研究とも一致しているようだという。 確かに興味深いアイデアであり、科学者たちが研究を続けるにつれて、地球上の生命の起源についてのさらなる理解が得られる可能性があります。

READ  SpaceX ファルコン 9 ロケット、今年 80 回目の軌道打ち上げへ - Spaceflight Now